「 理系学問 」一覧

「ファラデー効果」磁気旋光「磁場に平行な直線偏光面が回転する現象」 「ゼーベック効果」熱起電力「2種の金属線に異なる温度を与えると起電力が生ずる現象」

「ファラデー効果」磁気旋光「磁場に平行な直線偏光面が回転する現象」 「ゼーベック効果」熱起電力「2種の金属線に異なる温度を与えると起電力が生ずる現象」

透明な物質に磁場をかけた時に それに平行する光を透過させると 偏光面が回転する現象は 「◯◯◯◯◯効果」? シルラテク ゼータルー ファテット →ファラデー 「ファラデー効果」 ...

ボーア家の人物と説明 クリスチャン・ボーア「ボーア効果を発見した医学者」ニールス・ボーア「量子力学へ貢献」オーゲ・ボーア「ニールス・ボーアの息子」「1975ノーベル物理学賞・核物理学分野」

ボーア家の人物と説明 クリスチャン・ボーア「ボーア効果を発見した医学者」ニールス・ボーア「量子力学へ貢献」オーゲ・ボーア「ニールス・ボーアの息子」「1975ノーベル物理学賞・核物理学分野」

次のボーア家出身の 科学者と、その説明の 正しい組み合わせを選びなさい ニールス・ボーア───異称は「量子力学の父」 クリスチャン・ボーア───医学者でボーア効果を発見 オーゲ・ボーア─...

「シャイマン症候群」ギルマーティン「ピーターパン症候群」ダン・カイリー「燃えつき症候群」フロイデンバーガー「(代理)ミュンヒハウゼン症候群」リチャード・アッシャー

「シャイマン症候群」ギルマーティン「ピーターパン症候群」ダン・カイリー「燃えつき症候群」フロイデンバーガー「(代理)ミュンヒハウゼン症候群」リチャード・アッシャー

次の心理学用語と、その提唱者の 正しい組み合わせを選びなさい シャイマン症候群───ギルマーティン ピーターパン症候群───ダン・カイリー 燃えつき症候群───フロイデンバーガー ...

震度6弱「立っていることが困難」「ガス管が破裂」 震度6強「立っていることができない」 震度5強「恐怖を感じ行動を中断する」「棚からものが落ちてくる」

震度6弱「立っていることが困難」「ガス管が破裂」 震度6強「立っていることができない」 震度5強「恐怖を感じ行動を中断する」「棚からものが落ちてくる」

建物の壁や柱が破壊 ドアが開かなくなることも 立っていることが困難 ガス管や水道管が破損 震度5弱 震度6強 震度6弱(答) 震度4 連想 鉄筋コンクリートの壁に亀裂 ...