『ソフィーの選択』メリル・ストリープがアカデミー主演女優賞 ウィリアム・スタイロン原作 ナチスのユダヤ人収容所

010vaWqRZRFJB
メリル・ストリープが
1982年にアカデミー主演女優賞を
受賞した映画は?
『フランス軍中尉の女』
『ソフィーの選択』(答)
『クレイマー、クレイマー』
『マディソン郡の橋』

『ソフィーの選択』(ソフィーのせんたく、Sophie’s Choice)は、ウィリアム・スタイロンの小説(1979年)。また、それを原作にした映画(1982年)。ナチスによるホロコーストを題材に取った作品。
小説はピューリッツァー賞を受賞した。映画はメリル・ストリープがヒロインを演じ、アカデミー賞を受賞した。
引用元: ソフィーの選択 – Wikipedia.

作家志望の青年が、ニューヨークで知り合った自由奔放な男と暗い影のある女。3人の織りなす人間ドラマを描く。キース・バリッシュ・プロが英のITCのために製作した。製作はキース・バリッシュとアラン・J・パクラ。エグゼクティヴ・プロデューサーはマーティン・スターガー。ウィリアム・スタイロンの同名ベストセラー(新潮社)をアラン・J・パクラ監督が自ら脚色。撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当している。出演はこの映画の演技でアカデミー主演女優賞を得たメリル・ストリープの他、ケヴィン・クライン、ピーター・マクニコル、ギュンター・マリア・ハルマーなど。ナレーターをジョセフ・ソマーがつとめている。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1982年作品。
引用元: ソフィーの選択 | Movie Walker.

イエール大学院の演劇科を卒業後、舞台俳優としてキャリアをスタート。映画デビューは77年、ジェーン・フォンダ主演の「ジュリア」。翌年のアカデミー賞受賞作「ディア・ハンター」でロバート・デ・ニーロと共演し、79年「クレイマー・クレイマー」でアカデミー助演女優賞を受賞、若手演技派女優のトップに躍り出る。83年には「ソフィーの選択」で同主演女優賞も受賞し、以降「恋におちて」(84)、「愛と哀しみの果て」(85)、「激流」(94)、「マディソン郡の橋」(95)、「めぐりあう時間たち」(02)など良質の作品に多数出演。アカデミー賞のノミネート回数は歴代最多を誇り、主演作「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(11)で17度目のノミネート、3度目の受賞を果たした。アメリカ映画界を代表する女優である。
引用元: メリル・ストリープ – 映画.com.