『必殺仕置人』棺桶の錠『必殺必中仕事屋稼業』岡本信人『必殺仕掛人』音羽屋半右衛門

165bQmSNWy
中村主水
棺桶の錠
念仏の鉄
天神の小六
『新・必殺仕事人』
『必殺からくり人』
『必殺仕置屋稼業』
『必殺仕置人』(答)

027wsMARiu
『必殺必中仕事屋稼業』
『ありがとう』
『肝っ玉かあさん』
『渡る世間は鬼ばかり』
緒形拳
林隆三
岡本信人(答)おかもとのぶと
新克利 あたらしかつとし
68%

008IepKISmbzZ
西村左内
神谷兵十郎
音羽屋半右衛門
藤枝梅安
『必殺仕掛人』(答)
『新必殺仕掛人』
『必殺仕置屋稼業』
『暗闇仕留人』

政吉
おせい
利助
半兵衛
『必殺必中仕事屋稼業』(答)

中村主水
捨三
印玄
市松
『必殺仕置屋稼業』(答)

天平
時次郎
仇吉
藤兵ヱ
『必殺からくり人』(答)

中村主水
念仏の鉄
巳代松
正八
『新必殺仕置人』(答)

CIMG6442
中村主水
おせい
新次
正八
『必殺仕置屋稼業』
『必殺商売人』(答)
『必殺仕置人』
『必殺必中仕事屋稼業』

岡本 信人(おかもと のぶと、1948年1月2日 – )は、日本の俳優。身長163cm、体重64kg。血液型はB型。山口県岩国市出身。駒場学園高等学校(1966年)、東海大学第二工学部建築学科卒業(1970年)。
>主な作品
テレビドラマ
『肝っ玉かあさん』
『ありがとう』シリーズ
『新五捕物帳』
『渡る世間は鬼ばかり』シリーズ
バラエティー番組
『ナニコレ珍百景』(準レギュラー)
>以降、『肝っ玉かあさん』出演を機にTBSホームドラマの名脇役として『ありがとう』『渡る世間は鬼ばかり』などに出演。石井ふく子プロデュース作品の常連となる。
上記以外にも石井とコンビを組むことが多い橋田壽賀子脚本作品(『おんな太閤記』『春日局』『春よ、来い』など)にも出演しているため、橋田ファミリーの一員にも数えられる。
引用元:岡本信人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E4%BF%A1%E4%BA%BA

『必殺仕掛人』(ひっさつしかけにん)は、1972年9月2日から1973年4月14日まで毎週土曜日22:00 – 22:56[1]に、朝日放送と松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・TBS系(現在とネットワーク編成が異なる)で放送された時代劇。全33話。主演は林与一、緒形拳。
必殺シリーズの第1作目である。
人足口入稼業の音羽屋半右衛門を元締に、浪人剣客の西村左内、針医者の藤枝梅安の仕掛人(殺し屋)チームが金をもらい、人でなしどもを抹殺していく。
引用元: 必殺仕掛人 – Wikipedia.

朝日放送 | 必殺シリーズ.

『必殺仕置人』(ひっさつしおきにん)は、1973年4月21日から10月13日まで毎週土曜日22:00 – 22:55に、朝日放送と松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・TBS系(現在とネットワーク編成が異なる)で放送された時代劇。全26話。
必殺シリーズの第2作目にして中村主水シリーズの第1作目である。
>『必殺仕置人』(ひっさつしおきにん)は、1973年4月21日から10月13日まで毎週土曜日22:00 – 22:55に、朝日放送と松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・TBS系(現在とネットワーク編成が異なる)で放送された時代劇。全26話。
必殺シリーズの第2作目にして中村主水シリーズの第1作目である。
引用元: 必殺仕置人 – Wikipedia.

『必殺必中仕事屋稼業』(ひっさつひっちゅうしごとやかぎょう)は、1975年1月4日から6月27日まで毎週土曜日(第14話から毎週金曜日)22:00 – 22:55に、朝日放送と松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・TBS系(第14話からNETテレビ(現・テレビ朝日)系)で放送された時代劇。全26話。主演は緒形拳。
必殺シリーズの第5作目である。
>必殺仕置人殺人事件以来控えていた「必殺」の文字を復活させた作品。元締・おせいが仕切る裏稼業「仕事屋」が悪人を葬る従来シリーズの基本フォーマットを踏まえつつ、賭博(ギャンブル)をもうひとつのテーマに据えている。主人公である半兵衛と政吉は賭博狂いという設定であり、毎回、博打場が登場する。1カ月で5000両の大金を工面することが仕事の目的となる第13話など、エピソードのいくつかは賭け事が重要な要素となっており、「殺し」が行われない回もある。
引用元: 必殺必中仕事屋稼業 – Wikipedia.

『必殺仕置屋稼業』(ひっさつしおきやかぎょう)は、1975年7月4日から1976年1月9日まで毎週金曜日22:00 – 22:55[1]に、ABCと松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・NETテレビ(現・テレビ朝日)系で放送された時代劇。全28話。主演は藤田まこと。
必殺シリーズの第6作目、中村主水シリーズの第3作目である。
>前作『必殺必中仕事屋稼業』は必殺仕置人殺人事件以来控えていた「必殺」の文字を復活させ、シリーズ最高視聴率をマークするヒット作となった(関西地区で30%台)が、放送中に腸捻転解消(ネットチェンジ)が行われた影響で、視聴率は半分以下の13%台にまで落ち込んでしまった(参照:必殺必中仕事屋稼業#腸捻転解消(ネットチェンジ))。そこで、人気の高かった中村主水を再度登場させることで挽回を図るべく企画されたのが本作である。
引用元: 必殺仕置屋稼業 – Wikipedia.

『必殺からくり人』(ひっさつからくりにん)は、1976年7月30日から10月22日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に、朝日放送と松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・NETテレビ(現・テレビ朝日)系で放送された時代劇。
必殺シリーズの第8作目、必殺からくり人シリーズ(全4作)の第1作目である。
>当時NHKドラマで高い評価を受けていた早坂暁をメインライターとして迎え、キャストも映画・演劇界の大物でありながらテレビでの露出がほとんどなかった山田五十鈴(その前に『必殺仕置屋稼業』第15話に被害者役でゲスト出演)、青春スターのイメージが強かった森田健作とジュディ・オング(ジュディはその前に『必殺必中仕事屋稼業』第2話に被害者役でゲスト出演し、さらに必殺シリーズのスタッフが制作した『おしどり右京捕物車』(1974年)に、『からくり人』の前作『必殺仕業人』で赤井剣之介役だった中村敦夫扮する神谷右京の妻・はな役で出演)、必殺シリーズの出演は3作目になる緒形拳と、大変力が入っていた。
引用元: 必殺からくり人 – Wikipedia.

『新・必殺仕置人』(しん・ひっさつしおきにん)は、1977年1月21日から11月4日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に、ABCと松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・NET→テレビ朝日系で放送された時代劇。全41話。
必殺シリーズの第10作目、中村主水シリーズの第5作目である。
>当時の必殺シリーズは視聴率が下降ぎみであった。そこで制作サイドは人気の高かった『仕置人』の続編を決め、中村主水、さらに念仏の鉄を登場させた。また、本作には過去の作品に例の無い闇の一大殺し屋組織「寅の会」を登場させたり、第1話は主水がその標的になってしまうなど、それまでの必殺シリーズを踏まえつつ、新しいストーリー展開がなされた。
引用元: 新・必殺仕置人 – Wikipedia.

『江戸プロフェッショナル・必殺商売人』(えどプロフェッショナル・ひっさつしょうばいにん)は、1978年2月17日から8月18日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に、ABCと松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・テレビ朝日系で放送された時代劇。全26話。主演は藤田まこと。
必殺シリーズの第12作目、中村主水シリーズの第6作目である。
>本作は「商売人」であるが、中村主水シリーズとして「仕置人」シリーズを踏襲している作品でもあり、しばしば「仕置人」の名称が登場する(裏稼業を行うことは「仕置」でほぼ一致)。本作は「主水・正八」チームと「新次・おせい」チームに分けられ、互いに不信感を抱きながらも殺しのプロフェッショナルとして協力しながら、晴らせぬ恨みを晴らしていくという趣向がなされた。また、りつが懐妊し、殺し屋なのに子供を持つ資格があるのかという葛藤に主水が悩むというテーマも挿入された。後年、主水役の藤田はインタビューで「中村主水というキャラクターが自分の中に確立できたのはいつ頃か」という質問に「『商売人』の頃だ」と答えていた[1]。
引用元: 江戸プロフェッショナル・必殺商売人 – Wikipedia.