「ヘザー・オルーク」『ポルターガイスト』12歳で夭逝した子役女優 『クローン病』米医師クローンにちなむ原因不明の腸炎

018WWrsfyvObK
映画『ポルターガイスト』3部作
に主演した女優で、3作目の撮影
終了後、原因不明の病気により
わずか12歳で亡くなったのは誰?
ルザーー・オクヘ
ヘザー・オルーク(答)
Heather O’Rourke

CIMG3859
アメリカの医者にちなむ
10~20代に多く見られる病気
消化管全域に炎症や潰瘍を起こす
消化管壁に肉芽腫が形成される
ベーチェット病
クローン病(答)
メニエール病
アジソン病

ヘザー・オルーク(Heather O’Rourke、1975年12月27日 – 1988年2月1日)は、アメリカ合衆国の子役女優。ニックネームは「Bernie」「Heath」。12歳で急死したことで知られる。
>1987年1月、風邪の兆候が現れ足がむくみ始めた。当初はただの風邪であると思われたがその後も症状が継続。原因不明の腸疾患であるクローン病と診断された。3作目の撮影は薬物療法による治療中だったが、撮影中は不満を言うことなく、関係者も彼女が病気だとは思わなかったという。1988年1月31日の夜、突然気分が悪くなり、翌日の朝はトーストを口にすることができず、ゲータレードでさえ喉を通らなかった。母親が彼女の指先が青くそして冷たくなっていることに気付き医者に連絡。次第に意識が薄れていく中でも学校のことを心配していたという。救急車の中で心肺停止となり、2月1日午後2時43分、搬送先の病院で死亡した。
引用元: ヘザー・オルーク – Wikipedia.

 シカゴに移ったキャロルアンに三たび、悪霊が襲いかかるシリーズ第3弾。前2作のようにこれ見よがしのSFXを廃し、鏡などをうまく使ったトリック撮影で恐怖感を煽るが、全体的にショック演出は空回りしている感が強い。キャロルアン役でシリーズ全作品に出演したH・オルークが撮影終了直後に急死したことで話題を呼んだが、だからといってこのサブタイは非道いだろう。
引用元: 映画 ポルターガイスト3/少女の霊に捧ぐ… – allcinema.

O’Rourke became ill in early 1987 and was misdiagnosed by doctors at Kaiser Permanente Hospital as having Crohn’s disease. She was prescribed cortisone to treat the disease, which reportedly caused her cheeks to appear puffy and large.[19] On January 31, 1988, O’Rourke suddenly became ill again, vomiting and unable to keep anything down. The next morning she collapsed while preparing to leave for the hospital and her stepfather called paramedics. O’Rourke suffered a cardiac arrest en route to the hospital, and after resuscitation she was airlifted by helicopter to Rady Children’s Hospital in San Diego,[10] where she died later that day.
引用元: Heather O'Rourke – Wikipedia, the free encyclopedia.

クローン病
クローンびょう
Crohn disease

限局性回腸炎ともいう。潰瘍性大腸炎とともに原因不明の腸炎の代表的なもの。厚生労働省の難病対策特定疾患に指定されている。おもに小腸と大腸に潰瘍や肉芽腫を形成する腸炎で,アメリカの医師 B.クローン (1884~?) が 1932年に初めて報告したときは回腸に限局するとされ,回腸末端炎と名づけられたが,その後,回腸にかぎらず口腔から肛門までの消化器のどの部位にも起る非特異的慢性炎症性腸疾患であることがわかった。
引用元: クローン病(クローンびょう)とは – コトバンク.