「藤巻幸大」(本名藤巻幸夫)ふじまきゆきお 元伊勢丹カリスマバイヤー・元参議院議員『藤巻百貨店』 「藤巻健史」ふじまきたけし 異母弟

163LkAyquzuDG
参議院議員も務めた、
元伊勢丹のカリスマバイヤー
藤巻幸大
ふじまきゆきお

藤巻 幸大(ふじまき ゆきお、本名:藤巻 幸夫(読み同じ)、1960年1月5日[1] – 2014年3月15日[2])は、日本の実業家、政治家。参議院議員を1期務めた。東京都出身[3]。上智大学卒業[3]。政治活動上は本名の「藤巻幸夫」を用いた。
>神奈川県立港北高等学校を経て上智大学経済学部経営学科卒業後、伊勢丹に入社[4]。ブランディング、ショッププロデュース等の実績から、カリスマバイヤーとして注目される。伊勢丹では「バーニーズ・ジャパン」、「解放区」、「リ・スタイル」等の事業やブランドの立ち上げを担当[4]。独立後はアパレル会社等を経て、2003年に福助代表取締役社長に就任。約1年半で経営再建に成功する。
>2010年7月にはみんなの党から第22回参議院議員通常選挙に出馬、落選するが、2012年12月に第46回衆議院議員総選挙立候補により、当選者が退職(自動的に失職)したことにより参議院議員へ繰り上げ当選[7]。参議院では国土交通委員会委員となり、ビジットジャパンの施策や日本の「デザイン戦略」を提唱[8]、「クールジャパン」を売り込む活動にも関わった[9]。
引用元: 藤巻幸大 – Wikipedia.

藤巻百貨店とは

元伊勢丹の名物バイヤーとして知られる藤巻幸大によるプロデュースで立ち上がったEコマースサイト。運営は株式会社ザッパラス。
「“もの”を語る。そんな、極上の“ものがたり”に出会う場所」として、商品それぞれが持つストーリーを大切に、生活が豊かになる逸品を紹介しています。身に着けるものにこだわりをもつミドル年代の男女、感性豊かな若い方々、素敵なプレゼントをお探しの方まで、幅広い方々に、逸品に彩られた生活を提案してまいります。商品の背景に流れるストーリーとともにお楽しみください。
>故・藤巻幸大プロフィール
藤巻幸大
1960-2014年。東京生まれ。上智大学卒業後、伊勢丹に入社。バーニーズジャパンバイヤーを経て、「解放区」、「リ・スタイル」、「BPQC」などを立ち上げ、カリスマバイヤーとして知られる。2003年、福助株式会社代表取締役社長、2005年株式会社セブン&アイ生活デザイン研究所代表取締役社長に就任。株式会社シカタ エグゼクティブプロデューサー、株式会社テトラスター代表取締役、株式会社ビーバイイー社外取締役など多方面にわたり、新たなライフスタイル創造事業への意欲的な活動を行う一方、テレビ番組のレギュラー出演、著作活動、講演活動の合間を縫い、「日本」にこだわり全国を精力的に飛び回っていた。2014年3月15日逝去、享年54歳。
引用元: 藤巻百貨店について 藤巻百貨店.

藤巻 健史(ふじまき たけし、1950年6月3日 – )は、日本の債券・為替・株式トレーダー、経済評論家、政治家。モルガン銀行東京支店長などを経て、維新の党所属の参議院議員(1期)。
学位はMBA。フジマキ・ジャパン社長、一橋大学経済学部非常勤講師(12年間にわたり毎年半年間・国際金融・デリバティブの講義を担当)なども務める。経済記事の執筆・講演会活動・経済番組への出演と解説を主な生業としている。
引用元: 藤巻健史 – Wikipedia.