「堀米ゆず子」ほりごめゆずこ バイオリニスト エリザベート王妃国際コンクール日本人初優勝 税関トラブル

143BCQNRxOPez
1977年にエリザベート王妃国際
音楽コンクールを日本人として
初めて制したバイオリニストは
堀米◯◯◯?
ゆし美
よず江
とり乃
→ゆず子
「堀米ゆず子」

堀米 ゆず子(ほりごめ ゆずこ、1957年12月4日 – )は、日本のバイオリニスト。ブリュッセル王立音楽院客員教授。
>1980年、日本人として初めてエリザベート王妃国際コンクールで優勝。以後ベルギーを本拠として国際的な活動を行っている。1981年、芸術選奨新人賞受賞。
現在、ブリュッセル王立音楽院客員教授を務める。
引用元: 堀米ゆず子 – Wikipedia.

ドイツのフランクフルト国際空港で税関当局に差し押さえられていた、ベルギー在住のバイオリニスト堀米ゆず子さん(54)のバイオリンの名器「ガルネリ」が、無償で返還されることが21日、分かった。税関当局から20日、堀米さんに連絡が入ったという。

 堀米さんは乗り継ぎのため8月16日にフランクフルトに到着、持っていたバイオリンの輸入申告を怠ったとして差し押さえられ、バイオリンの評価額100万ユーロ(約1億円)の19%に当たる19万ユーロ(約1900万円)の関税の支払いを求められていた。
引用元: 堀米ゆず子さんのバイオリン「ガルネリ」無償で返還へ ― スポニチ Sponichi Annex 社会.