『ユダス・マカベウス』ヘンデル作曲の表彰式に使われるオラトリオ 『見よ勇者は帰る』賛美歌『よろこべやたたえよや』  グレゴリオ・アレグリ『ミゼレーレ』

134XfHDRhQAFc
表彰式のBGMとして使われる
劇中歌『見よ勇者は帰る』で
有名な、ヘンデルが作曲した
オラトリオは?
ダマユベスカ・ウス
ユダス・マカベウス(答)
『ユダス・マカベウス』
Judas Maccabaeus

CIMG4479
ローマ教皇庁が複写を禁じたため
長らく門外不出だった、イタリア
ルネサンス期の作曲家グレゴリオ
・アレグリの代表曲といえば?
レゼネミモ
アーカパン
ミゼレーレ(答)

「ユダス・マカベウス」(Judas Maccabaeus)は、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが作曲したオラトリオHWV63。
>ユダ・マカバイは偶像崇拝を強要する異教徒の圧制からイスラエルを解放した英雄であり、マカバイ記に登場する。ただし、マカバイ記は外典であり、プロテスタントにおいては聖書ではない。
1884年、「見よ勇者は帰る」See the conquering hero comesに聖句から讃美歌の歌詞が付けられ、「よろこべやたたえよや」として歌われている。この曲はかつては近代オリンピックの表彰式に流されていたこともあって日本では「得賞歌」として表彰式における表彰のBGMとしてよく知られるが、欧米諸国ではクリスマスの歌としてもよく歌われる。
引用元: ユダス・マカベウス – Wikipedia.

ユダ・マカバイ(ヘブライ語:יהודה המכבי、Judas Maccabaeus, Yhudah Maqqabhi ?- 紀元前160年)は旧約聖書外典である『マカバイ記』に登場する紀元前2世紀のユダヤの民族的英雄。シリアの支配下にあったユダヤの独立を達成することになるマカバイ戦争を指導し、ハスモン朝が開かれる基礎を築いた。ギリシア語表記でユダス・マカバイオス、ラテン語表記でユダ・マカベウスとも表記される。マカバイは「金槌」を意味すると言われる。
引用元: ユダ・マカバイ – Wikipedia.

グレゴーリオ・アッレグリ(グレゴリオ・アレグリ、アルレグリ、Gregorio Allegri 、1582年 – 1652年2月7日 ローマ)はイタリアの作曲家・司祭・歌手。ローマ楽派に属し、生涯の大半をローマに過ごす。弟にドメーニコ・アッレグリ(英語版)がいる。
>アレグリ作品で群を抜いて有名なのが《ミゼレーレ》である。合唱の一方は4声、もう一方は5声からなる二重合唱のために作曲されており、かなりの名声を博してきた。合唱団の片方が聖歌〈ミゼレーレ〉の原曲を歌うと、空間的に離れたもう一方が、それに合わせて装飾音型で聖句の「解釈」を歌う。《ミゼレーレ》は今でもシスティーナ礼拝堂の聖務週間で定期的に歌われている。17世紀に「古様式 stile antico 」もしくは「第1作法 prima prattica 」として知られたような、ルネサンス音楽のポリフォニー様式の典型的な作品だが、ローマ楽派とヴェネツィア楽派の両方からの影響を示している。ポリフォニー様式ではあるが、全声部が模倣を行う通模倣様式ではなく、和声的様式(ファミリアーレ様式)による。これは歌詞を強調するために採用されたと考えられる。この《ミゼレーレ》は1981年に映画「炎のランナー」のサウンドトラックに利用されたことで、国際的な知名度を獲得するに至った。
引用元: グレゴリオ・アレグリ – Wikipedia.