ヒッチコック監督の映画と女優『ハリーの災難』シャーリー・マクレーン 『白い恐怖』イングリッド・バーグマン 『スミス夫妻』キャロル・ロンバード

050eLyWmpPZnm
次のヒッチコック監督の
映画と出演した女優の
正しい組み合わせを選びなさい
ハリーの災難───シャーリー・マクレーン
白い恐怖───イングリッド・バーグマン
スミス夫妻───キャロル・ロンバード

『ハリーの災難』(ハリーのさいなん、原題:The Trouble with Harry)は、 アルフレッド・ヒッチコック監督による1955年のアメリカのブラック・コメディ映画。テクニカラー、ビスタビジョン作品。
原作はジャック・トレヴァー・ストーリーの1949年の小説『ハリーの災難(早川書房、The Trouble with Harry)』。
>女優シャーリー・マクレーンの映画デビュー作である。
引用元: ハリーの災難 – Wikipedia.

『白い恐怖』(Spellbound)は、1945年に公開されたアルフレッド・ヒッチコック監督によるアメリカ合衆国の映画。記憶喪失を取り扱ったサイコスリラーである。イングリッド・バーグマンの絶頂期の作品と言われ、美貌と演技力がともに発揮されている。主人公が垣間見る印象的な幻想シーンにはサルバドール・ダリが協力している。原題の『Spellbound』とは「魔法にかかった」「魅了された」「うっとりした」などの意味がある。
現在、パブリックドメインとなっている[1]。
引用元: 白い恐怖 – Wikipedia.

ふとしたことから結婚が無効であることが判明した一夫婦の騒動を描くコメディ映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはハリー・E・エディングトン、監督はアルフレッド・ヒッチコック、脚本はノーマン・クラスナ、撮影はハリー・ストラドリング、音楽はロイ・ウェッブが担当。出演はキャロル・ロンバード、ロバート・モンゴメリーほか。
引用元: スミス夫妻 | Movie Walker.