「フランス6人組」ルイ・デュレ アルチュール・オネゲル ダリウス・ミヨー ジェルメーヌ・タイユフェール フランシス・プーランク ジョルジュ・オーリック

071BqJEkJA
次の文字列を組み合わせて
「ロシア5人組」に数えられる
ロシアの作曲家の名前にしなさい
ツェザーリ───キュイ
ミリイ───バラキレフ
ニコライ───リムスキー=コルサコフ

連想
「ロシア五人組」の一人
交響詩『中央アジアの草原にて』
化学者としても活動
歌劇『イーゴリ公』
ボロディン(答)

「ロシア五人組」の一人
交響詩『中央アジアの草原にて』
化学者としても活動
歌劇『イーゴリ公』
バラキレフ(答)

「ロシア五人組」の一人
『展覧会の絵』
『ボリス・ゴドゥノフ』
『禿山の一夜』
ムソルグスキー(答)

048aWQDSDMgpb
次の文字列を組み合わせて
「フランス6人組」に数えられる
作曲家の名前にしなさい
フランシス───プーランク
ジェルメーヌ───タイユフェール
ダリウス───ミヨー

ルイ───デュレ
アリチュール───オネゲル
ジョルジュ───オーリック

ロシア5人組(ロシアごにんぐみ)は、19世紀後半のロシアで民族主義的な芸術音楽の創造を志向した作曲家集団のこと。次の5人からなる。
ミリイ・バラキレフ(1837年 – 1910年)
ツェーザリ・キュイ(1835年 – 1918年)
モデスト・ムソルグスキー(1839年 – 1881年)
アレクサンドル・ボロディン(1833年 – 1887年)
ニコライ・リムスキー=コルサコフ(1844年 – 1908年)
このうち、グリンカの愛弟子であり、さまざまな音楽理論に通暁していたバラキレフが指導的役割を果たした。
>「五人組」の発端は1856年の、バラキレフとキュイの出会いにさかのぼる。翌1857年にムソルグスキーが参加し、1861年にリムスキー=コルサコフが、1862年にボロディンが参加した。「五人組」に先立って、グリンカとダルゴムィシスキーが民族的な性格をもった音楽の創造に立ち向かい、ロシア的な題材によって歌劇を作曲していたが、「五人組」はそのような音楽を発展させることに初めて集中した作曲家であった。「五人組」はスターソフをいわば芸術顧問として、またダルゴムィシスキーを精神的長老として仰いだ。
>「ロシア五人組」の影響は国外にも及び、ドビュッシーはムソルグスキーを、ラヴェルとフローラン・シュミットはバラキレフを熱愛した。レスピーギはロシアでリムスキー=コルサコフに直接師事している。コクトーを精神的指導者とする「フランス六人組 Les Six 」は、当集団をもじって命名された。
引用元:ロシア5人組 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A25%E4%BA%BA%E7%B5%84

フランス6人組(フランスろくにんぐみ 仏:Les Six)は、20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団。単に「6人組」とも呼ばれる。全員で活動したのはたったの1回であった。
>ルイ・デュレ(Louis Durey, 1888年 – 1979年)
アルテュール・オネゲル(Arthur Honegger, 1892年 – 1955年)
ダリウス・ミヨー(Darius Milhaud, 1892年 – 1974年)
ジェルメーヌ・タイユフェール (Germaine Tailleferre, 1892年 – 1983年)
フランシス・プーランク(Francis Poulenc, 1899年 – 1963年)
ジョルジュ・オーリック(George Auric, 1899年 – 1983年)
>彼らとつながりが深かった詩人ジャン・コクトーは、『雄鶏とアルルカン』(1918年3月)、『パリ・ミディ』紙(1919年)において印象派にかわる新しいフランス音楽の必要性を説き、コクトーの影響を受けた批評家のアンリ・コレ(ロシア語版)は彼らを「6人組」と名づけ、1920年1月16日付の『コメディア』誌に「ロシア5人組、フランス6人組、そしてエリック・サティ」を掲載し、この名称を世に広めた[3]。
引用元: フランス6人組 – Wikipedia.