『乙女の祈り』バダジェフスカ ポーランドの女性作曲家

043tmFtHRYIKF
有名なピアノ曲『乙女の祈り』を
作曲したのは男性である
×
◯女性

CIMG1782FeVamcBgkOwP
『乙女の祈り』で有名な
ポーランドの作曲家です
→バダジェフスカ
Bądarzewska

テクラ・ボンダジェフスカ=バラノフスカ(波: Tekla Bądarzewska-Baranowska、1834年/1838年 – 1861年9月29日)は、ポーランド出身の作曲家・ピアニスト。二重姓の後半は夫の姓(の女性形)でしばしば省略されることがあり、日本ではオゴネクを省いたラテン文字表記からの転写等で一般にテクラ・バダジェフスカ、あるいはテクラ・バダルジェフスカと表記される(ポーランド語では rz という綴りで一音の有声そり舌摩擦音を表す)。
>ボンダジェフスカはワルシャワから北北西に100km離れた町ムワヴァ(Mława)の生まれで、生年を1834年とする説と1838年とする説がある。彼女は本格的な音楽教育は受けていなかったが、サロンでのピアノ演奏家として活躍し自ら作曲も行っていた。1856年、18歳あるいは22歳ごろの時に作曲した『乙女の祈り』(波: Modlitwa dziewicy, 仏: La prière d’une vierge)がパリの音楽ニュース雑誌に掲載され、その名が広く知られるところとなった。この曲を作曲したのち、J・バラノフスキと結婚し5人の子供をもうけたとされる。この曲を含め小品を35曲ほど作曲したが、1861年に病弱のためにワルシャワにて23歳あるいは27歳ほどで夭折。彼女に関する作品や資料については第二次世界大戦等により大半が消失したため、現在では『乙女の祈り』以外はほとんど知られておらず、特に本国ポーランドでは認知度が低い[1]。
引用元: テクラ・バダジェフスカ – Wikipedia.