鈴里真帆 すずりまほ 元『Something ELse』伊藤大介の妻

004kDpKPRLopX
3人組音楽グループ
Something ELseの元メンバー
伊藤大介の妻である歌手は?
里真帆鈴英
子木郷本松
→鈴里真帆
すずりまほ

鈴里 真帆(すずり まほ、1974年3月13日 – )は、歌手、シンガーソングライター。宮崎県東諸県郡国富町出身。宮崎県立宮崎大宮高等学校卒業。かつては渡辺プロダクションの一レーベルである「マニア・マニア」に所属していた。
>1996年、つんく作曲の楽曲「もっと静かに」が日本テレビ系列のドラマ「グッドラック」の挿入歌となり、ロングヒットで約30万枚を売り上げる。以降、つんくが「HARRY DOLE」として2曲、楽曲提供をする。同年、鈴里真帆単行本 ソニーマガジンズより「終わらないラヴ・ソング」を出版。海外アーティストパティ・ロスバーグとの共演も果たし、What’s In Presents“What’s out vol.3”初夏の日米ガールロック対決。
1996年以降数々のラジオレギュラーからテレビのMCへも進出。テレビ朝日系情報バラエティ「恋するアミパラ」音楽コーナー、NHK-BS2「新・真夜中の王国」木曜日メインパーソナリティとしてレギュラーMCをスタート。
>2007年からはプロ~一般の生徒を指導するボイストレーニング教室『suzuri vocal therapy(スズリボーカルセラピー)』を開いている。現在公式HPでは現状報告がなされており、ラジオレギュラー番組の再開、東国原英夫知事出演:宮崎食育キャンペーンTVCMソング「いただきます」詞・曲・歌提供などの制作等や、他アーティストにも楽曲提供を行う。
引用元: 鈴里真帆 – Wikipedia.

Something ELse (サムシングエルス)は、1994年に結成したアコースティックスタイルを基調とした日本のバンドである。略称は「サムエル」。
「柏」発のストリートミュージシャン出身であることや、楽曲「ラストチャンス」のヒットで知られる。 2006年10月22日、FINAL TOUR「LAST LIVE」をもって解散した。
現在、大久保伸隆はソロ活動中、伊藤大介と今井千尋はプロデュース・ユニットranaiを結成。現在は今井の単独名義による活動が主となっている。
>大久保伸隆(おおくぼ のぶたか、1974年9月24日 – )Lead Vocal,Acoustic Guitar
東京都生まれ、千葉県流山市育ち
2009年11月11日、ブログで結婚を発表。相手は一般人女性で、詳細は非公表。
伊藤大介(いとう だいすけ、1974年7月25日 – )Acoustic Guitar,Vocal
千葉県野田市育ち。妻は歌手の鈴里真帆。二児の父。
今井千尋(いまい ちひろ、1974年8月28日 – )Bass,Keyboard,Vocal
福岡県太宰府市出身。明治大学政治経済学部卒業。妻は歌手の松本英子。一児の父。
引用元: Something ELse – Wikipedia.