「劇団青年団」平田オリザ代表 こまばアゴラ劇場『ソウル市民』 「カムカムミニキーナ」山崎樹範やまざきしげのり 「ラックシステム」わかぎゑふ

030sQMDQlaENo
1983年結成の劇団
旗揚げ公演は『海神ポセイドン』
本拠地は「こまばアゴラ劇場」
代表は劇作家・平田オリザ
ナイロン100°C
劇団カムカムミニキーナ
劇団青年団(答)
劇団そとばこまち

CIMG2185FZVCsgIyqXib
劇団「カムカムミニキーナ」に
所属している俳優です
山崎樹範
やまざきしげのり

CIMG2835pBknweRCqfIs
女性演出家のわかぎゑふが
主催する劇団です
→ラックシステム

青年団(せいねんだん)は、日本の劇団。1983年、劇作家・演出家の平田オリザを中心に旗揚げされた以降、現代口語演劇理論に則った活動を進め、90年代以降の日本演劇界に大きな影響を与える。公演では、ワークショップを精力的に開催しており、観客との交流の深い劇団の一つである。
平田オリザが支配人を務めるこまばアゴラ劇場を中心に公演を展開。また、韓国などを中心に外国での公演活動や、外国の劇団との交流も積極的に行っている。 近代日本の歴史を今と重ね合わせて問う作品を生み続けており[要出典]、特に植民地・京城(今のソウル)に住む普通の日本人一家を通して、「同化型植民地支配」の本質を浮き彫りにした「ソウル市民」三部作は、高い評価を得ている[要出典]。
引用元: 青年団 (劇団) – Wikipedia.

平田 オリザ(ひらた オリザ、男性、1962年11月8日 – )は日本の劇作家、演出家。劇団青年団主宰、こまばアゴラ劇場支配人。代表作に『東京ノート』『ソウル市民』三部作など。現代口語演劇理論の提唱者であり、自然な会話とやりとりで進行していく「静かな演劇」の作劇術を定着させた[1]。戯曲集のほか『現代口語演劇のために』など理論的な著書も多い。
現在、東京藝術大学アートイノベーションセンター特任教授、四国学院大学客員教授・学長特別補佐、京都文教大学臨床心理学部客員教授、大阪大学コミュニケーションデザインセンター客員教授、首都大学東京客員教授、シューレ大学アドバイザー、日本劇作家協会理事を務める。
祖父は医師の平田内蔵吉、父はシナリオライターの平田穂生。母は心理カウンセラーの平田慶子。母方の叔父に映画監督の大林宣彦がいる。
引用元: 平田オリザ – Wikipedia.

カムカムミニキーナは日本の劇団。1990年、早稲田大学演劇倶楽部に在籍していた松村武、八嶋智人、吉田晋一らが在学中に結成。
>1990年、早稲田大学演劇サークル「演劇倶楽部」のメンバーであった 松村武、八嶋智人、吉田晋一ら5名で旗揚げ。以来、主宰の松村武が全作品の作・演出を担当。 八嶋智人、山崎樹範 ら映像でも活躍する個性的な役者が揃う。ハイテンションでテンポのよい笑いで壮大な物語へと観客を連れ去る独特の作風と、 演劇ならではの表現にこだわったダイナミックな演出に定評がある。
引用元: 劇団カムカムミニキーナ – Wikipedia.

ナイロン100℃(ナイロンひゃくどシー・NYLON100℃)は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ (KERA) が主宰する日本の劇団。ロックバンド「有頂天」のボーカリストだったKERAらを中心に活動していた劇団健康を前身とし、1993年結成。東京都を拠点に活動している。
基本的にKERAが各公演の劇作・演出を務める。主なメンバーに犬山イヌコ、みのすけ、峯村リエ、三宅弘城、松永玲子、大倉孝二など(詳しくは下記参照)。
引用元: ナイロン100℃ – Wikipedia.

劇団そとばこまち(げきだんそとばこまち)は、日本の小劇場劇団。1978年5月旗揚げ。
>1976年に京都大学演劇研究会を母体にして誕生した学内サークル「卒塔婆小町[1]」が発祥である。
1978年5月に創設メンバーが全員脱退し、辰巳琢郎・川下大洋ら当時の大学1回、2回生のメンバーで新たに「劇団卒塔婆小町」として立ち上げた。1979年6月に現在の名称となる[2]。
つみつくろう(辰巳琢郎)座長時代に京都大学を出て、京都市の烏丸御池のビルに劇団アトリエ兼劇場を構えた。 つづいて、京都市の烏丸松原の永楽屋ビルに劇団アトリエ兼劇場を構え上海太郎座長の元でシェイクスピア劇、翻訳作品の他「風のウィザード」「中華風倭人伝」「五線譜のうえの国」「アイスドールを追え!」「忠臣蔵」(現フジテレビ・小松純也作。後の「冬の絵空」の基となった作品)「メモリアルトライアングル」などオリジナル作品まで多ジャンルにわたる公演を、1〜2ヶ月に1回のペースで打つ。座付作家が複数おり、上海太郎のダンスやパントマイムを取り入れた笑いのある演出や、座付作曲家の佐藤心によるオリジナル曲、三大寺サンセット(三大寺志保美)の衣装で独特の世界を構築した。
引用元: 劇団そとばこまち – Wikipedia.