「ジョニー・マー」イギリスのギタリスト元「ザ・スミス」「モデスト・マウス」 ジョー・ストラマー「ザ・クラッシュ」

023mAojyBCLls
元エレクトロニック
イギリスのギタリスト
元ザ・スミス
2006モデスト・マウスに加入
オジー・オズボーン
ジョニー・マー(答)
キース・レルフ
ジェフ・ダウンズ

CIMG6129
1983年にデビューし、1987年に
解散した、モリッシーがボーカル
を務めたイギリスの音楽グループ
はザ・○○○? ○を答えなさい
スミス
「ザ・スミス」

CIMG2162mVobzaHgLFSi
ジョー・ストラマーがボーカルを
務めたイギリスのパンクロック
バンドはザ・◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
クラッシュ
「ザ・クラッシュ」

スロット
かつて、ロックバンド ザ・スミスのボーカルを務めたイギリスの歌手は誰?
→モリッシー

並べ替え
2006年にはジョニー・マーが加入した、アイザック・ブロックがフロントマンを務めているアメリカのロックバンドは?
→モデスト・マウス


ポール・ウェラーがボーカルを務めた、1982年に解散したイギリスのロックバンドはザ・○○○?
→ジャム

ジョニー・マー(Johnny Marr、1963年10月31日 – )はイギリスのギタリスト。マンチェスター生まれ。身長173cm。
オアシスのノエル・ギャラガーや元スウェードのバーナード・バトラーなどといった多くのギタリストに影響を与えた。
2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第51位。
>同作業者 ザ・スミス
エレクトロニック
ジョニー・マー&ザ・ヒーラーズ
モデスト・マウス
ザ・ザ
ザ・クリブス
>1982年のザ・スミス結成後、バンドの人気に伴い一躍有名になる。しかし、人気絶頂の最中であった1987年にバンドを脱退。結果としてザ・スミスは解散してしまう。
>2006年、米国のロックバンド、モデスト・マウスのレコーディングに参加しアイザック・ブロックとも曲の共作を行ったことをきっかけに[6]、正式メンバーとして加入しライブにも参加することが発表された[7]。同時に、オレゴン州ポートランドに移住している。
>2008年、英国のジャーマン三兄弟によるロックバンド、クリブスに正式に加入した。マーがこのバンドのファンであり、互いに曲のアイデアを交換しているうちに、結局バンドに加わるようになった。2009年のアルバム『Ignore The Ignorant』にも参加した[8]。
2010年公開のクリストファー・ノーラン監督の映画『インセプション』において、ハンス・ジマー作曲のサウンドトラックでギタリストとして参加。
引用元: ジョニー・マー – Wikipedia.

オジー・オズボーン (John Michael “Ozzy” Osbourne, 1948年12月3日-) は、イングランド・バーミンガム出身のヘヴィメタルミュージシャン。本名ジョン・マイケル・オズボーン(John Michael Osbourne)。ブラック・サバスの悪魔的イメージの源流(の一つ)ともなった、のっぺりとした金属的なハイトーンと不気味に響く低音を使い分けての独特の歌唱、危うさとユーモアを兼ね備えたパフォーマンスは多くのファンに支持されており、カリスマ的な存在になっている。
デビュー当初からの愛称である「オジー(Ozzy)」の他、海外では「プリンス・オブ・ダークネス(Prince of Darkness)」「マッドマン(Madman)」、日本では「メタルの帝王」など数々の異名で知られる。
引用元: オジー・オズボーン – Wikipedia.

キース・ウィリアム・レルフ(Keith William Relf、1943年3月22日 – 1976年5月14日)は、イングランドのミュージシャン。ヤードバーズのリード・シンガーとして最もよく知られる。歌唱力にやや問題があったもののブルースハープの演奏に長けており、かつハンサムだったので女性のファンも多かった様である(ヤードバーズのライブで、レルフが紹介されると必ず黄色い声援が上がる)。
>キース・ウィリアム・レルフ(Keith William Relf、1943年3月22日 – 1976年5月14日)は、イングランドのミュージシャン。ヤードバーズのリード・シンガーとして最もよく知られる。歌唱力にやや問題があったもののブルースハープの演奏に長けており、かつハンサムだったので女性のファンも多かった様である(ヤードバーズのライブで、レルフが紹介されると必ず黄色い声援が上がる)。
引用元: キース・レルフ – Wikipedia.

ジェフ・ダウンズ(Geoffrey Downes, 1952年8月25日 – )は、イングランド・ストックポート出身のキーボディスト。
>1979年、『ラジオ・スターの悲劇』がヒットしたバグルスのメンバーとして音楽シーンに登場。その翌年、バグルスのもう一人のメンバーであるトレヴァー・ホーンとともにイエスに加入(イエスとバグルズが同じマネージメント事務所に所属していた関係があった)。1980年にイエスのアルバム「ドラマ」でキーボードを担当。イエスのメンバーとして欧米をツアーするものの、ツアー終了時にイエスは解散。イエスのスティーヴ・ハウと共に1981年にエイジアに参加し、ファースト・アルバム及びシングル「ヒート・オブ・ザ・モーメント」が大ヒットする。その後、他のオリジナル・メンバーが次々に脱退し、ダウンズはエイジアの唯一のオリジナル・メンバーとして中心人物となった。
引用元: ジェフ・ダウンズ – Wikipedia.