「レーモン・クノー」Raymond Queneau『地下鉄のザジ』フランスの作家『はまむぎ』ドゥ・マゴ賞

067prznRfdCLb
1933年に小説『はまむぎ』で
デビューしたフランスの作家で
1960年に映画化もされた小説
『地下鉄のザジ』で有名なのは?
ーノクーレモ・ン
レーモン・クノー(答)
Raymond Queneau

レーモン(レモン)・クノー(Raymond Queneau, 1903年2月21日 – 1976年10月25日)は、フランスの詩人・小説家。『地下鉄のザジ』、『文体練習』などの実験的な作風で知られる。
>クノーの代表作の一つ『文体練習』は、ある男が同じ人物を一日に二度見かけるという単純な物語を、99種類の異なる文体で描くという試みである。
引用元: レーモン・クノー – Wikipedia.

『地下鉄のザジ』(ちかてつのザジ、仏:Zazie dans le métro)は、フランスの詩人・小説家であるレーモン・クノーによる1959年発表の小説、およびこれを原作とした1960年制作のフランス映画。
>映画はルイ・マル監督のコメディ映画。フランス映画のヌーヴェルヴァーグ運動の先駆けとなった。 ストライキで地下鉄が運行していないパリを舞台に、少女ザジが町をさまよう様子をシュルレアリスム的でスラップスティックな表現で描いている。
引用元: 地下鉄のザジ – Wikipedia.

ロラン・バルトに「攻撃的なクノーの作品は、『文学』のおそるべき『成虫』を包み込んでいる」と言わしめた『地下鉄のザジ』。
オカマバーで踊り子をしている大男ガブリエル伯父さんに、時にはお巡り、時には名探偵に姿を変えるペドロ、見境なく恋に落ちるムアック未亡人など、ユーモア溢れる登場人物たちと、破壊力あふれる言葉たちが作り出す、おかしな冒険小説。
引用元: BookWebPro 和書検索.

強欲なクロッシュ婆さんや、道楽で人をただ観察しつづける謎の男ルグラン、脅しで人に寄生して生きる小人ベベ・トゥトゥ、住民の手紙を盗み読むことを趣味としているアパート管理人サチュルナン、日々倦みながらフライドポテト屋でウェイトレスをするエルネスティーヌ。
さまざまな人物の思惑、生が交錯する陰謀譚。
ミステリーあり、言語遊戯あり、数学的な仕掛けありの、あらゆるクノーらしさのつまった怪物作。
銀行員マルセルは、たまたま立ち寄った場末のフライドポテト屋で、ガラクタ屋の老人と出会う。
物を持たない幸せを語るその貧しい老人の家には、彼が決して手放そうとしない謎の青い扉があり、町ではそれを巡り、ある噂が囁かれはじめる…。
バタイユやデスノスが、ただこの作品を讃えるためだけに、ドゥマゴ賞を創設することとなった、クノーの処女作にして代表作。
引用元: BookWebPro 和書検索.

ドゥ・マゴ賞(Prix des Deux Magots)は、フランスの文学賞の一つ。新作に対して授賞し、より主流のゴンクール賞を受ける作品よりも風変わりで新味のあるものに与えられる。
1933年、アンドレ・マルローにゴンクール賞が授与されたのと同日に、カフェ「ドゥ・マゴ」のテラス席で作家ロジェ・ヴィトラックと1人の図書館員によって創設された。即座に13人の作家が100フランずつ持ち寄って集まり、レイモン・クノーの『はまむぎ』を選出した。
現在の賞金額は7750ユーロ(約50000フラン)である。カフェのオーナーが賞金を出し、未来を約束された若い才能に授与される。
引用元: ドゥ・マゴ賞 – Wikipedia.