ショーン・ペンの映画公開順 『カジュアリティーズ』『ミルク』『L.A.ギャング ストーリー』 マドンナの元夫

378bXVGflzKDE
次のショーン・ペンが
出演した映画を
公開された順に選びなさい
『カジュアリティーズ』1989
『ミルク』 2008
『L.A.ギャング ストーリー』 2012

『カリートの道』 1993
『デッドマン・ウォーキング』 1995
『シン・レッド・ライン』 1998
『アイ・アム・サム』 2001
『ミスティック・リバー』 2003
『ザ・インタープリター』 2005

ショーン・ジャスティン・ペン(Sean Justin Penn, 1960年8月17日 – )は、アメリカ合衆国の俳優、映画監督。 演技派俳優として、現代のハリウッドを代表する一人である。
>世界三大映画祭(ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン)の主演男優賞を全て受賞し、ヴェネツィアでは2度も受賞するなど、国際的にも非常に評価が高い名優である。2003年公開のクリント・イーストウッド監督作品『ミスティック・リバー』でアカデミー主演男優賞を受賞した。また、2008年公開のハーヴェイ・ミルクを演じた『ミルク』でもアカデミー主演男優賞を受賞した。
引用元: ショーン・ペン – Wikipedia.

父はコロンボ・シリーズの名作「刑事コロンボ/別れのワイン」を演出したレオ・ペン。母は女優のアイリーン・ライアン。マイケル、クリストファー(クリス)、も俳優。
>以後、95年の「クロッシング・ガード」、01年の「プレッジ」と手堅い演出をみせて監督業でも確固たる評価を確立する一方、俳優としても95年の「デッドマン・ウォーキング」を皮切りに、99年の「ギター弾きの恋」、01年の「I am Sam」と3度アカデミー主演賞にノミネートされハリウッドきっての実力派の地位を不動のものとしている。そして03年、クリント・イーストウッド監督作「ミスティック・リバー」で4度目のノミネートにして、ついに初のオスカー獲得となった。
>【フィルモグラフィー】
LIFE! (2013) 出演 ショーン・オコンネル
L.A. ギャング ストーリー (2012) 出演 ミッキー・コーエン
映画と恋とウディ・アレン (2011) 出演  
きっと ここが帰る場所 (2011) 出演 シャイアン
ツリー・オブ・ライフ (2011) 出演 ジャック
フェア・ゲーム (2010) 出演 ジョー・ウィルソン
トラブル・イン・ハリウッド (2008) 出演 本人
ミルク (2008)


引用元: ショーン・ペン(Sean Penn) のプロフィール – allcinema.

L.A.ギャング ストーリー
2013年5月3日(金)公開出演(ミッキー・コーエン 役)

1940年代のロサンゼルスに暗躍したギャング、ミッキー・コーエンと、彼らから街の平和を守るべく戦うロサンゼルス市警の警官たちとの闘争を描く、クライム・アクション。ショーン・ペンがコーエン役に扮するほか、ジョシュ・ブローリン、ニック・ノルティら実力派が顔を揃える。監督は『ゾンビランド』のルーベン・フライシャー。
引用元: ショーン・ペン (Sean Penn) | Movie Walker.

ミルク(2008)
2009年4月18日(土)公開出演(ハーヴィー・ミルク 役)

アメリカで初めて、ゲイを公表しながら公職に就いた権利活動家、ハーベイ・ミルクの半生を描くドラマ。今日のアメリカの文化や政治に大きな影響を与えた彼の功績をたどる。
引用元: ショーン・ペン (Sean Penn) | Movie Walker.

カジュアリティーズ
1990年2月10日(土)公開出演(Meserve 役)
ヴェトナムの戦場で上官と同僚の犯した罪に苦悩する一兵士の姿を描く戦争ドラマ。製作はアート・リンソン。ダニエル・ラングの原作を基に、監督は「アンタッチャブル」のブライアン・デ・パルマ、脚本はデヴィッド・リーブ、撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はエンニオ・モリコーネが担当。出演はマイケル・J・フォックス、ショーン・ペンほか。
引用元: ショーン・ペン (Sean Penn) | Movie Walker.