『リゴレット』娘ジルダ マントヴァ公爵

309bqkxhzsmspu
ヴェルディ作曲のオペラ
『リゴレット』に登場する
リゴレットの娘の名前は◯◯◯?
◯を答えなさい
ジルダ(答)
33%

117crkCzLEmrd
16世紀イタリアを舞台に
娘の復讐のために公爵を殺そうと
する男を主人公とした、イタリア
の作曲家ヴェルディのオペラは?
リゴレチン
ボカカリク
デッデット
リゴレット(答)

せむし男で道化役のリゴレットは、公爵から信頼されていることを良いことに、公爵の取り巻き連中に対して侮辱したり辛らつな言葉を投げつけたりして生きている。
 その結果、モンテローネ伯爵から呪いの言葉を言われたり、公爵の取り巻き連中に娘ジルダを誘拐されて公爵に贈呈されたりしている。
 リゴレットは、娘が弄ばれたと思い、誘拐した取り巻き達に対してではなく、公爵に復讐しようと、殺し屋スパラフチレに殺害の依頼をする。それを知ったジルダは、公爵に対する愛を捨てきれないので、身代わりになり殺される。
このオペラのストーリーには、無理があるので共感できず、面白くなく、感情移入もできない、と言う方が多いようです。
 例えば、リゴレットは、ジルダが公爵を愛しているにもかかわらず公爵側の愛も確認しないで公爵殺害を依頼したり、呪いという言葉が多く出ますが、恨みを買われた面も強そうに思います。
 しかし、ヴェルディの音楽は、ストーリーを超えて美しいので、人気のある作品となっています。
引用元:オペラストーリーA4版 http://opera.opcc.jp/rigoletto.html

『リゴレット』(原語曲名:Rigoletto)は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全3幕からなるオペラである。1851年、ヴェネツィア・フェニーチェ座で初演された。ヴェルディ中期の傑作とされる。
>主な登場人物[編集]
マントヴァ公爵(テノール)
リゴレット、公爵に仕えるせむしの道化(バリトン)
ジルダ、リゴレットの娘、16歳(ソプラノ)
引用元: リゴレット – Wikipedia.

リゴレット(Rigoletto)

ベルディ作曲のオペラ。全3幕。1851年ベネチアで初演。ユゴーの戯曲「歓楽の王」に取材し、娘ジルダをマントバ公爵に誘惑された道化リゴレットの復讐と悲劇とを描く。
引用元: リゴレット(リゴレット)とは – コトバンク.

ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ(Giuseppe Fortunino Francesco Verdi、1813年10月10日 – 1901年1月27日)は、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家であり、主にオペラを制作した。
代表作は『ナブッコ』、『リゴレット』、『椿姫』、『アイーダ』などがある。彼の作品は世界中のオペラハウスで演じられ、またジャンルを超えた展開を見せつつ大衆文化に広く根付いている。ヴェルディの活動はイタリア・オペラに変革をもたらし、現代に至る最も重要な人物と評される[1]。1962年から1981年まで、1000リレ(リラの複数形)紙幣に肖像が採用されていた。
引用元: ジュゼッペ・ヴェルディ – Wikipedia.