「加藤泰」かとうたい 『緋牡丹博徒』シリーズの映画監督

114ovDrmcejqF
『緋牡丹博徒』シリーズで
有名な日本の映画監督です
加藤泰
かとうたい

加藤 泰(かとう たい、1916年8月24日 – 1985年6月17日)は、日本の映画監督、脚本家。時代劇や任侠映画の名監督として活躍。代表作に『沓掛時次郎 遊侠一匹』、『瞼の母』、『明治侠客伝 三代目襲名』、『源氏九郎颯爽記』シリーズ、『緋牡丹博徒シリーズ』、『江戸川乱歩の陰獣』がある。また、テレビドラマなどで脚本も手掛けた。
>その創作活動は1967年から1970年にピークを迎え、藤純子主演の『緋牡丹博徒シリーズ』では、シリーズ中屈指の傑作である『緋牡丹博徒 お竜参上』など3本を監督し、安藤昇を主演に迎え『男の顔は履歴書』や『懲役十八年』などのアクション映画を成功させ、大映の任侠スターだった江波杏子を東映に迎えて一種異様な怨念に彩られた復讐物語『昭和おんな博徒』を手掛けた、更に野村芳太郎、山田洋次ら松竹の映画監督たちとの交流から、佐藤允が復讐の連続殺人鬼を演じる異色サスペンス『みな殺しの霊歌』を監督した。
引用元: 加藤泰 – Wikipedia.

かとう‐たい【加藤泰】

[1916~1985]映画監督。兵庫の生まれ。本名、泰通(やすみち)。記録映画から出発し、その後は時代劇を多く手がける。白塗りが当然であった時代劇で、キャストにノーメイクを命じて撮影するなど、独自のスタイルを用いて時代劇映画に新風を吹き込んだ。代表作は「瞼(まぶた)の母」「沓掛(くつかけ)時次郎遊侠一匹」のほか、「緋牡丹博徒(ひぼたんばくと)」シリーズなど。
引用元: 加藤泰(カトウタイ)とは – コトバンク.