「ケーリー・グラント」『北北西に進路を取れ』『シャレード』 「ゲーリー・クーパー」『真昼の決闘』『モロッコ』

264cNKExygElp
ヒッチコック監督の映画
『北北西に進路を取れ』の主演は
ゲーリー・クーパーである
×
◯ケーリー・グラント

『北北西に進路を取れ』(ほくほくせいにしんろをとれ、原題: North by Northwest)は、1959年製作のアメリカ合衆国の映画。監督はアルフレッド・ヒッチコック、脚本はアーネスト・レーマン、主演はケーリー・グラント。タイトル・シーケンスはソウル・バスによるもので、キネティック・タイポグラフィを本格的に使用した最初の作品であるとみなされている[1]。配給はメトロ・ゴールドウィン・メイヤー。テクニカラー、ビスタビジョン作品。
引用元: 北北西に進路を取れ – Wikipedia.

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。
>広告代理業者ロジャー・ソーンヒル(ケーリー・グラント)は、ニューヨークのホテルから無理やり2人の男に連れ出された。給仕がキャプランという男を呼びだしていた時、電話に立ち上がったので、間違えられたのだ。
引用元: 北北西に進路を取れ | Movie Walker.

ケーリー・グラント(Cary Grant, 1904年1月18日 – 1986年11月29日)は、イギリス出身の俳優。
>また、アルフレッド・ヒッチコックのお気に入りで[3]、『断崖』『汚名』『泥棒成金』『北北西に進路を取れ』の4本に出演している。
引用元: ケーリー・グラント – Wikipedia.

ゲイリー・クーパー(Gary Cooper、[gɛəri kúːpə][1][2]、本名: フランク・ジェームズ・クーパー、1901年5月7日 – 1961年5月13日)は、アメリカ合衆国モンタナ州ヘレナ出身の俳優。愛称はクープ。
>1952年には『真昼の決闘』で二度目のアカデミー主演男優賞を獲得する。日本の俳優・千葉真一はクーパーを尊敬する俳優として挙げており[9]、少年時代に『真昼の決闘』を何度も見ていたと語っている[10]。
引用元: ゲイリー・クーパー – Wikipedia.