イタリア三大歌劇場「サン・カルロ劇場」ナポリ 「スカラ座」ミラノ 「オペラ座」ローマ 「オペラ座(ガルニエ宮)」パリ

055bpGBytkukJ
イタリア三大歌劇場の一つ
サン・カルロ劇場がある都市は
ナポリである

×ベネチア

IMG_1088RgRQDNBLdmhZ
ミラノにある
この歌劇場は○○○座?
→スカラ
「スカラ座」

CIMG4818phplrFikKlKp
ここを舞台にしたミュージカルで
有名なフランスの作家は?
(ガルニエ宮(オペラ座)の画像)
・トールルガスン
→ガストン・ルルー

サン・カルロ劇場(Teatro di San Carlo) はイタリア・ナポリにある歌劇場で、劇場としてはヨーロッパで現役最古のものである。資金不足のため1874年-1875年のシーズンが中止された以外、定期公演が中止されたことがない点でも特筆される。
>サン・カルロ劇場は、ナポリに劇場があることを望んだブルボン朝ナポリ王国の初代王カルロ (1759年に退位し、ブルボン朝スペインの国王カルロス3世となる)によって建造された。開場は1737年11月4日(国王の聖名祝日)、演目はピエトロ・メタスタージオ台本、ドメニコ・サッロ音楽のオペラAchille in Sciroであった。この時サッロはオーケストラの指揮も行い、幕間にはグロッサテスタの2つのバレエも演じられた。この劇場はその建築、金装飾、および豪華壮麗な青色(ブルボン家の色であった)の布張装飾で有名となった。
引用元: サン・カルロ劇場 – Wikipedia.

220px-Teatr_San_Carlo_Neapol
引用元: ファイル:Teatr San Carlo Neapol.jpg – Wikipedia.

スカラ座(Teatro alla Scala、あるいは単にLa Scala)はイタリア・ミラノにある歌劇場である。初代の宮廷劇場以来の伝統を持つイタリアオペラ界の最高峰とされる。
引用元: スカラ座 – Wikipedia.

ローマ歌劇場(Teatro dell’Opera di Roma)は、イタリア・ローマにある歌劇場。1880年11月に開場したコスタンツィ劇場がその前身である。数度にわたる名称の変遷、改修工事を経て、現在は総席数約1,600の歌劇場である。ローマ・オペラ座とも訳される。
引用元: ローマ歌劇場 – Wikipedia.

ガルニエ宮(Palais Garnier)は、フランスの首都パリにある歌劇場である。単にオペラ座(l’Opéra)と呼ばれることもある。パリ国立オペラの公演会場の一つである。
引用元: ガルニエ宮 – Wikipedia.