「ゴールディ」・ホーン 『サボテンの花』アカデミー助演女優賞 『プライベート・ベンジャミン』製作総指揮 『永遠に美しく…』

028KINJAVvpRr
『プライベート・ベンジャミン』
『永遠に美しく…』などの
映画に主演したアメリカの女優は
◯◯◯◯◯・ホーン?
デンジーリ
ゴルュアィ
→ゴールディ
「ゴールディ・ホーン」

ゴールディ・ホーン(Goldie Hawn, 本名: Goldie Jeanne Hawn, 1945年11月21日-)は、アメリカ合衆国の女優、ダンサー。コメディを得意としており、主演のほとんどがコメディ映画であるが、女性の自立をテーマにした明るい作品が多い。
引用元: ゴールディ・ホーン – Wikipedia.

本名はGoldie Jeanne Hawn。父親はミュージシャン。3歳の頃からダンスを習い、16歳のとき舞台デビュー。アメリカン大学を中退してニューヨークでコーラス・ダンサーとなり巡業に参加。以後、TVのお笑い番組でレギュラーの座を得て人気者になる。映画デビューは67年「ファミリー・バンド」(実はこの作品でカート・ラッセルと共演していた! 但し、彼女は超端役!)。続く69年「サボテンの花」ではアカデミー助演女優賞を受賞。
引用元: ゴールディ・ホーン(Goldie Hawn) のプロフィール – allcinema.

アメリカン・コメディでは馴染みの軍隊喜劇だが、それをゴールディ・ホーン主演でやるところがミソ。二度の結婚生活に敗れて傷心のジュディ・ベンジャミンは、勧誘の口車に乗せられるまま軍隊入りを果たす。しかしそこは思い描いていたところとは大違い、厳しい訓練と鬼のような女大尉に彼女はダウン寸前。だが持ち前の明るさとオトボケで、彼女は軍隊に様々な騒動を巻き起こしていく……。ホーンは製作総指揮も兼ねており、女性の視点に立った軍隊喜劇というアプローチをきちんと守ろうとしている事が判る。
引用元: 映画 プライベート・ベンジャミン – allcinema.