沙耶のいる「透視図」 益戸育江(高樹沙耶)のデビュー映画 伊達一行(いっこう)の原作小説

114RyrZNogSBL
1986年に公開された
女優・高樹沙耶のデビュー映画は
『沙耶のいる◯◯◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
とうしず
『沙耶のいる透視図』

益戸 育江(ますど いくえ、 1963年8月21日 – )は、日本の女優、作詞家。旧芸名は高樹 沙耶(たかぎ さや)。静岡県浜松市中区出身[要出典]。
>高校時代に原田真二のコンサートを観て「私もたくさんの人を幸せに出来る仕事をしたい」と思ったのが芸能界を目指したきっかけ[1]。17歳のときに上京し、オスカープロモーションに所属、モデルとして活躍。1983年に映画『沙耶のいる透視図』の主演女優として映画デビュー。作品中の名前「沙耶」に、あとから「高樹」の苗字をつけて芸名にする。
>2008年9月26日、自身の公式ウェブサイト上で、芸名である高樹沙耶を返上、本名の「益戸育江」名義で活動すると宣言した。同年10月15日放送のバラエティ『シルシルミシル』で、クラシックパンツ(ふんどし)愛好家として登場した。
引用元: 益戸育江 – Wikipedia.

主題は、多くの男が惹かれる可哀相な ーそれもとんでもなく不幸なー 女性であるところの、沙耶を通して描かれる人生の暗黒面の透視図である。さらにここで、特別に人生を深く考える男と、特別に何も考えていない男とを対比させた。本作の脚本では、この視点で原作をより分かりやすく掘り下げている。役者では、本業がミュージシャンの土屋昌巳は意外とハマリ役での熱演(怪演?)だし、高樹沙耶も新人とは思えないほど難しい役を演じ切っている。もちろん、名高達郎の演技は全然オーケー。音楽やカメラはB級なりだが、それでも外すこと無く成功している。
引用元: 是非ご覧あれ – ユーザーレビュー – 沙耶のいる透視図 – 作品 – Yahoo!映画.

沙耶のいる透視図  
サヤノイルトウシズ
著者:伊達 一行  
>僕はポルノ出版社のカメラマン。母親との情事が最高という編集者・神崎と不感症の聖女・沙耶と、いつしか奇妙な三角関係におちいった…。第6回すばる文学賞受賞作。(解説・川村 湊)
引用元: 沙耶のいる透視図| 伊達 一行| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社.