「鮎ゆうき」神保悟志を夫に持つ元宝塚歌劇団の女優 「緑の袴」宝塚歌劇団の正装

017tzMVpvbbEQ
俳優の神保悟志を夫にもつ
元宝塚歌劇団の女優は
一路真輝である
×
◯鮎ゆうき

023NJOEYlziHq
宝塚歌劇団の生徒が正装の場合に
履く袴の色は緑である

鮎 ゆうき(あゆ ゆうき、、1966年2月21日 – )は、東京都江戸川区出身の女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。本名、神保 美樹子(じんぼ みきこ、旧姓星野)NHK学園高校卒業。
愛称ミキコ、身長公称166cm、血液型O型。
>1988年『風と共に去りぬ』新人公演ではスカーレット、同じ年のバウホール公演『おもかげ草紙』で杜けあきの相手役に抜擢され、娘役スターとしての新境地を開く。同年、神奈美帆の後を継いでトップ娘役就任。雪組生え抜きのトップ娘役は1970年就任の摩耶明美&高宮沙千以来18年ぶりで、男役出身のトップ娘役は1982年に就任した元星組トップ娘役・姿晴香以来7年ぶりだった。1989年『ムッシュ・ド・巴里/ラ・パッション』が披露作となる。以降『ベルサイユのばら』ロザリー役などで活躍。
引用元: 鮎ゆうき – Wikipedia.

一路 真輝(いちろ まき、1965年1月9日[1] – )は、日本の女優で元宝塚歌劇団雪組トップスター(1993年 – 1996年)。宝塚時代の愛称はイチロ、いっちゃん(本名に由来)。
愛知県[1]名古屋市出身[要出典]。東宝芸能所属[1]。
>1993年『天国と地獄/TAKE OFF』で待望の雪組トップスターに就任(相手役は紫とも)。「雪之丞変化」より相手役に星組出身の花總まりを迎える。
1996年、『エリザベート』千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団。サヨナラ公演では「男役の限界も越えていく」と評された歌唱力でオーストリア皇妃エリザベートと禁じられた恋に落ちる難役・トートを演じた。当初評判は今ひとつであったが、公演回数と共に観客の心をつかみ、最終的には(もともと退団公演で入手困難だった)チケットがより入手困難となるなど、その後の『エリザベート』人気の礎を築いた。またこの作品は女性を中心にハプスブルク帝国ブームを起こし、オーストリア・ウィーンへの観光客増加も惹起するほどのフィーバー振りだった。
>配偶者 内野聖陽(2006年 – 2011年)
引用元: 一路真輝 – Wikipedia.

音楽学校の制服で特徴的なのは、洋服と和服の二種類あるところです。
洋服の色はグレーで、普段音楽学校で過ごす時の他、入学式でも着用します。
和服は紋付袴。公の場に出るときの正装で、袴の色は緑です。
紋付は、卒業式など厳粛な場は黒ですが、
華やかな式典などでは色物の紋付を着る場合もあります。
紋付袴は、卒業後の宝塚歌劇団でも制服となっていますので、
ファンの人でも、式典などで袴姿のタカラジェンヌを目にする機会も。
引用元: 宝塚音楽学校 | 舞台・演劇用語 | シアターリーグ.

4月初めの宝塚音楽学校合格発表の日、晴れて予科生となった合格者たちはまだ喜びの興奮さめやらぬ中、グレーの制服と黒紋付の着物、そして緑の袴の採寸をします。仕立てるのはもちろん阪急百貨店。
そう! これが着たかった! 舞台に立つようになってからの豪華な衣装より、今はコレ! グレーの制服の着用は2年間で終わりますが、紋付と袴はタカラジェンヌである限り、ずーっとお付き合いするわけです。
宝塚をあまりご存知ない方の中には「緑の袴はタカラジェンヌの制服。だから毎日のように着る」と思っていらっしゃる方が結構大勢いますが、これは大きな間違い(そ、そんな、め、面倒くさいことイヤだ……)。
実は一年の内にほんの数回しか着ません。それはやはり特別な時。簡潔に言ってしまうと、宝塚歌劇団の生徒として式典やイベントに出席する時。
例えば――花束贈呈などをするイベントや何かの記念式典、元旦に新年の挨拶をする拝賀式、海外公演先でのレセプション、観桜会、劇団葬などなど。文化祭や初舞台、退団公演の千秋楽、記念式典など舞台上で着る時もあります。
宝塚と緑の袴 | たんす屋ニュース.