「チェス」『相棒』杉下右京の趣味 「神戸尊」かんべたける 「チェスボクシング」エンキ・ビラルが考案

005TMpqpGnjAt
TVドラマ『相棒』の主人公・
杉下右京が得意とするゲームは?
(画像選択肢)
Aチェスの画像(答)
B碁の画像

QDTjfTnxosVe
テレビドラマ『相棒』で
及川光博が演じている刑事
神戸尊
かんべたける

CIMG6064
チェスとボクシングを組み
合わせた「チェスボクシング」を
その漫画の中で考案した
フランスのコミック作家は?
エンキ・ビラル(答)
メビウス
ジャン・ジロー
マルセル・ゴトリブ


チェスの盤面で縦の列のことを「ランク」という
→×
○ファイル、横列はランク

連想
ポジショナルプレーの祖
「近代チェスの父」
オーストリアのチェスプレーヤー
初代の世界チャンピオン
→ウィルヘルム・シュタイニッツ

杉下 右京(すぎした うきょう)
演 – 水谷豊[注 2]
警視庁特命係係長 警部補→警部[注 3]。生年月日は不明であるが、S.1開始時点で45歳[1]。
「和製シャーロック・ホームズ」と呼ばれている。(S.4-8、S.12-13)
服装は三つボタンのシングルスーツ、またはスリーピース・スーツで、ベルトは使わずにボタン留のサスペンダーを愛用している。冬場に着るコートもテーラードカラーのチェスターフィールドコートである(黒のダブル、ライトグレーとダークブラウンのシングルの計3着)[3]。花の里の女将である宮部たまきとは元夫婦。
>プライベート面に関しては、「夜飲まないと眠れない」ほどかなりの紅茶通[注 5]である。カップに紅茶を注ぐ時に、ポットをかなり高い位置に引き上げてまた戻すという、独特な注ぎ方をする[注 6][注 7]。ワサビ多めのお茶漬けを好み、苦手なものは梅干しと酢豚のパイナップル(S.4-12)など(S.1-7では梅干入りカクテルを飲んでいる)。PS.では喫煙するシーンがあった。趣味はチェス、落語、クラシックレコード鑑賞など。
引用元: 相棒の登場人物 – Wikipedia.

チェスボクシングとはチェスとボクシングを融合したスポーツである。
>チェスボクシングの試合は、チェスとボクシングを交互に行うことによって進められる。最初はチェスのラウンドから始まり、最大11ラウンドまで続けられる。チェスは1ラウンド4分間であり、ボクシングは1ラウンド2分間である。
>チェスボクシングは1992年にコミック作家のエンキ・ビラルによって構想された。この構想はビラルの『冷たい赤道』という作品の中で詳細に描かれている。
引用元: チェスボクシング – Wikipedia.