マイアベーア ドイツの作曲家『悪魔ロベール』『ユグノー教徒』『預言者』

023mtwfvCRpiR
オペラ『預言者』
オペラ『アフリカの女』
オペラ『ユグノー教徒』
オペラ『悪魔ロベール』
ジョルダーノ
コープランド
グリンカ
マイアベーア(答)

>1824年に作曲した『エジプトの十字軍』(Il crociato in Egitto)のパリ公演で名声を博し、1826年からパリに定住し、『悪魔のロベール』(Robert le diable, 1831年)や『ユグノー教徒』(Les Huguenots, 1836年)、『預言者』(Le prophète, 1849年)などの歌劇を発表した。1842年からベルリン宮廷歌劇場の音楽監督に就任。1864年、パリで没した。
>『ユグノー教徒』(Les Huguenots) – 5幕のグランド・オペラ、1836年初演 「バスカヴィル家の犬」で、最後にホームズがワトスン博士を観劇に誘っている。
引用元: ジャコモ・マイアベーア – Wikipedia

>そんな中、満を持してフランスの詩人アンドレ・シェニエの生涯に基づく最も有名なオペラ《アンドレア・シェニエ Andrea Chénier》(1896年)を発表。大成功をおさめる。ここでジョルダーノは再び「ヴェリズモ」的な創作姿勢に立ち返った。第5作目の《フェードラ Fedora》(1898年)も成功し、今なお上演されている。その後はヴェリズモ・オペラの影響から抜け出せず不振のまま没した。
引用元: ウンベルト・ジョルダーノ – Wikipedia

>1924年に帰国すると、「アメリカ的」音楽を模索、アメリカ民謡を取材・研究し、これを取り入れた簡明な作風を打ち立てる。出世作『エル・サロン・メヒコ』(1936年)を経て発表された、『ビリー・ザ・キッド』(1938年)、『ロデオ』(1942年)、『アパラチアの春』(1944年)などのバレエ音楽が、コープランドのスタイルとして確立された作品といえる。
引用元: アーロン・コープランド – Wikipedia

>ミハイル・イヴァーノヴィチ・グリンカ(ロシア語:Михаил Иванович Глинка、ミハイール・イヴァーナヴィチュ・グリーンカ:Mikhail Ivanovich Glinka、1804年6月1日スモレンスク近郊ノヴォスパスコイェ Novospasskoye Новоспасское – 1857年2月15日ベルリン)は国外で広い名声を勝ち得た最初のロシア人作曲家。「近代ロシア音楽の父」と呼ばれる。ウクライナ系。
>グリンカ作品のうち、歌劇《皇帝に捧げた命》(Жизнь за царя)と《ルスランとリュドミラ》(Руслан и Людмила)の二つは、ロシア最大の詩人アレクサンドル・プーシキン原作の台本であり、これらの序曲がしばしば演奏会でも演奏されて有名である。管弦楽曲はあまり有名ではないが、それでも交響詩《カマリンスカヤ》(Камаринская、1848年)や《ホタ・アラゴネーサ》(Арагонская хота1845年)などの作品がある。
引用元: ミハイル・グリンカ – Wikipedia