石井漠(いしいばく) 「自由が丘」の命名で知られる舞踏家

287ffoevtPfxo
東京の地名「自由が丘」の命名者
である、門下生に黒柳徹子がいる
大正・昭和期の舞踏家は◯◯漠?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
いしい(答)
「石井漠」

石井 漠(いしい ばく、本名忠純、1886年12月25日 – 1962年1月7日)は、日本の舞踊家、舞踏家、ダンサーである。いずれも作曲家の石井歓、石井眞木は息子、石井五郎は弟である。
>終戦直後の門下からは、女優の松島トモ子らを輩出。稽古場で撮影された映画館用ニュース「小さな豆バレリーナ」に写っていた当時4歳の松島トモ子を、阪東妻三郎がスカウトした話は有名。多数の門下生の中、女優では黒柳徹子も在籍していたことがある。
石井漠は東京都目黒区にある「自由が丘」の地名の名付け親でもあり、自由が丘駅前ロータリーにある自由が丘のシンボル「女神像」は当初、石井漠の胸像になる予定であった。しかし、生きている人間が胸像になることを良しとしない石井漠本人の強い固辞によって、現在の女神像になる。[要出典]ちなみに女神像の台座には、当時の関係各位の熱望により、石井漠の書が刻まれている。
引用元: 石井漠 – Wikipedia.