楠美津香 モロ師岡を夫にもつお笑い芸人「超訳」シリーズ  シドニィ・シェルダン「アカデミー出版」

329XROchpGZAJ
内海桂子・好江を師匠に持つ
女性お笑い芸人で、夫もやはり
お笑い芸人のモロ師岡
であるのは?
津香美楠
→楠美津香

LwJNbLQrzHFb
シドニィ・シェルダンらの小説を
「超訳シリーズ」として刊行して
いる出版社は◯◯◯◯◯出版?
◯を答えなさい
→アカデミー

楠 美津香(くすのき みつか、1962年3月24日[1] – )は、日本の女優、ピン芸人。東京都出身[1]。夫は、モロ師岡[1]。女性ひとりコントのパイオニア的存在[2]で、「ひとりコントの女王」の異名を取る[3]。
>その後は放送作家やコント作家として活動[2]していたが、モロ師岡が演じるひとりコントのライブを見て、舞台復活を決意[4]。1992年よりひとりコントの単独ライブを始め[2]、演芸場にも出演した。また、1992年夏にモロ師岡と結婚[4]した。
>3年間の出産、育児を経て、1999年にライブを再開[2]。2000年からはシェイクスピアの戯曲を現代の日本に翻案(本人は「超訳」と称している[6])し、講談調の一人芝居にアレンジ[6]した「ひとりシェイクスピア」シリーズの舞台を続けている。
引用元: 楠美津香 – Wikipedia.