【原作】アーネスト・クライン

次のうち、2018年公開の映画
『レディ・プレイヤー1』に
登場したキャラクター、メカを
全て選びなさい
デロリアン(答)
ロボコップ(答)
チャッキー(答)
春麗(答)
メカゴジラ(答)
金田のバイク(答)
17%

2018年公開の映画
『レディ・プレイヤー1』で
主人公たちがクエストで入るのは
どんな映画の世界?
『ロッキー』

『マッドマックス』
『シャイニング』(答)
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
24%


2017年に日本政府と経済界が
提唱した、月末金曜日に個人消費
を推奨する制度はプレミアム
フライデーですが

2018年に経産省が検討していると
報道された、月曜日の午前中を
休みにする制度は◯◯◯◯◯◯
マンデー? ◯を答えなさい
シャイニング(答)
22%

引用元:【デートで】『シャイニング』 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/52681/

『レディ・プレイヤー1』(原題: Ready Player One)は、2018年にアメリカ合衆国で公開されたSF映画である。監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演はタイ・シェリダンとオリヴィア・クックが務めた。アーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』を原作としている。日本では『レディプレ』とも表記される[4]。

クロスオーバー
「ゲームウォーズ#作中登場するキャラクター・物体」も参照
原作と同様、本作には1980年代の大衆文化に対するオマージュが数多く盛り込まれている。また、日本・アメリカの主に1980年代から90年代の映像・ビデオゲーム作品の要素が数多く登場する[56][57]。スピルバーグとプロデューサー陣は、クロスオーバーの為の著作権交渉に数年を費やした[58][59]。スピルバーグによると、製作に必要とされた著作権の80%を獲得している[60]。

一方、1980年代にスピルバーグがヒットさせた『E.T.』の宇宙人、E.T.や『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の主人公インディアナ・ジョーンズのクロスオーバーは原作には存在するが、本作にはない。その理由について、スピルバーグは「(自作への言及が)自惚れによるものだと批判されることを回避するためです」と語っている[30]。当初、スピルバーグはデロリアンをも登場させない意向だったが、クラインの説得を受けて登場させることにしたという[61]。また、『未知との遭遇』の権利を獲得するため、ワーナー・ブラザース映画との交渉が行われたが、不首尾に終わった[62]。
引用元:レディ・プレイヤー1 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC1

アーネスト・クライン(Ernest Christy Cline、1972年3月29日 – )はアメリカの小説家、脚本家。

2011年にアメリカで発表した小説『ゲームウォーズ』(原題:Ready Player One)がベストセラーとなり[1]、2018年にスティーヴン・スピルバーグ監督により『レディ・プレイヤー1』として映画化された。 2014年には、ザック・ペンらとともに都市伝説「ビデオゲームの墓場」の調査を行い、『E.T.』をはじめとするゲームソフトを発掘した。そして、発掘を題材としたドキュメンタリー映画『ATARI GAME OVER アタリ ゲームオーバー(英語版)』を製作した。
引用元:アーネスト・クライン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3