千年王国

主演はシュワルツェネッガー
共演はガブリエル・バーン
主人公はガードマン
サタンとの戦い
『エンド・オブ・デイズ』(答)
『アフターマス』
『シックス・デイ』
『ラストスタンド』
14%

『エンド・オブ・デイズ』(End of Days)は、1999年に公開されたアメリカ合衆国のホラー映画。アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ピーター・ハイアムズ監督。

ストーリー
1999年12月下旬のニューヨークは、2000年の到来を待ちわびる人々で賑わっていた。

刑事時代に愛する妻子を失ったことで神への信仰心を捨て、自殺願望に駆られながらも毎日を過ごすジェリコ・ケイン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、民間のガードマンとして株屋(ガブリエル・バーン)の護衛任務に就いていた。ジェリコは株屋を狙ったスナイパーを追い詰めて拘束するが、犯人の男性は「ミレニアムが終わった、サタンが復活する」と不可解な言葉を言い放つ。ところが犯人はあらかじめ自らの舌を切り落としており、言葉をしゃべれないはずだった。
引用元:エンド・オブ・デイズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%BA

このように本作を理解するにはキリスト教の知識がある程度必要です
題名のEnd of Daysにしても、End of Dayなら”1日の終わり”だが、複数形になると何で?”世界の終り”なのかも知識が無ければ解らないでしょう
”世界の 終わり”がEnd of the Worldではなく、End of Daysなのか?
キリスト教的解釈で、Days=Millennium
Millenniumミレニアムとは、キリストが支配する至福千年期で、これが終わりを告げ、新たにキリスト支配に取って代わり他の者サタンが支配するという意味なのです
引用元:真に幸福になるためには主の支配や導きが絶対的に必要なのでしょうか? https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R141SJRHNBD43P/ref=cm_cr_arp_d_viewpnt?ie=UTF8&ASIN=B00G886CUK#R141SJRHNBD43P

千年王国(せんねんおうこく、英語: Millenarianism、あるいはMillenarism)、千年帝国[1][2]は、キリスト教終末論の一つ。千年王国説を信じる者は、英語で「millenarian」や「millenary」と呼称されている。

千年王国の概要
終末の日が近づき、キリストが直接地上を支配する千年王国(至福千年期)が間近になったと説く。千年王国に入るための条件である「悔い改め」を強調する。また、至福の1000年間の終わりには、サタンとの最終戦争を経て最後の審判が待っているとされる。千年王国に直接言及する聖書の箇所は、ヨハネの黙示録20章1節から7節。
引用元:千年王国 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%B9%B4%E7%8E%8B%E5%9B%BD