序曲

アイドルのコンサートで
開園時に流される曲のことを
オーバーチュアという
◯(答)
58%

序曲(じょきょく)は、本来フランス語で開始を意味する ouverture の訳語[1][2]で、オペラや劇付随音楽、古典組曲などの最初に演奏される音楽である。オペラや劇付随音楽などの劇音楽の序曲と、組曲などの序曲では多少性格を異にするが、前座の音楽という位置づけではなく、全体の開始にふさわしい規模と内容を持つのが一般的である。
引用元:序曲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8F%E6%9B%B2

コーダ(coda)は、楽曲において独立してつくられた終結部分をいい、しばしば主題部とは違う主題により別につくられているものを指す。元来は「尾」を意味する語で、ラテン語のcaudaに由来する。日本語では「結尾部」「結尾句」「終結部」などとも記される。小規模なコーダはコデッタ(codetta、日本語では「小結尾部」とも)と呼ばれる。記述方法は、円に飛び出した十字であり、十字の端のT字状の棒や太字の円はセリフ(装飾)であり、記述の上での必須事項では無い。
引用元:コーダ (音楽) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD)

セットリスト (set list) は、音楽アーティストやバンドがコンサートを行なう際に、演奏する曲の一覧を順番に記した文書である。略称は「セトリ」。転じて、そのコンサートで演奏される(された)曲目やその順序のことをセットリストと言ったり、掲示用のボードをセットリストボード(略して、セトリボード)と呼んだりすることもある。
引用元:セットリスト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88