『エレファント・マン』、かしまし娘

次の文字列を順に選んで
2008年にリリースされた
エレファントカシマシの
シングル曲にしなさい
新しい
季節へ
キミと
38%

エレファントカシマシ(英語: THE ELEPHANT KASHIMASHI、ELEPHANT KASHIMASHI)は、日本のロックバンド。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

代表曲は「今宵の月のように」「悲しみの果て」「俺たちの明日」など。

メンバー
宮本浩次(ボーカル・ギター)
石森敏行(ギター)
高緑成治(ベース)
冨永義之(ドラムス)

打ち込み主体のオルタナティヴ・ロックや、インダストリアル・ロック、また緻密なアレンジのポップスといった方向への転換など、アルバムごとにサウンドの印象を大きく変化させ、実験的な試みを作品の制作に常に導入している。

バンド名は、漫才トリオのかしまし娘と、映画『エレファント・マン』のインパクト、音が気に入って遊び半分でつけられ、それ以上の意味はないような内輪ノリだったという[3]。

ROCKIN’ON JAPANの編集長山崎洋一郎や渋谷陽一らに常に高く評価されている(ちなみにこの両名は『CHERRY BOYS』と称してポニーキャニオン以降のアルバムのクレジット欄にSpecial thanksとして記されることとなる)。影響を受けたミュージシャンは多く、2003年にはトリビュートアルバム『花男』が発売された。

日比谷野外音楽堂でのコンサートが定例行事となっており、1990年以来毎年行われている。公式ファンクラブは「PAO」。
引用元:エレファントカシマシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%82%B7