【四十九日】七七日

常盤貴子演じる謎の女の出現に
より故人の壮絶な過去が明らかに
なっていく、大林宣彦監督による
2014年5月公開の映画は?
野なののなかな
野のなななのか(答)
19%

『野のなななのか』(ののなななのか)は、2014年の日本のドラマ映画である。監督は大林宣彦、主演は品川徹と常盤貴子が務めている[1]。『この空の花 長岡花火物語』の姉妹編にあたる[2]。タイトルの「なななのか」は四十九日を指す[2]。舞台は北海道芦別市。
引用元:野のなななのか – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%AA%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B

中陰法要(ちゅういんほうよう)とは、大乗仏教で行われる法要の一つ。

概要
死後7週間(49日間)、追善供養を行うことで、死者の良い来世を願う。中陰の間7日毎に審判が行われ、その判決で来世が変わっていくとされる。生まれ変わる世界がより良くなるように、7日毎に追善供養を行う。最初の七日目を初七日、次の七日目を二七日、以下同様に三七日、四七日、五七日(三十五日)、六七日となり、七七日(四十九日)を満中陰という。この間、中陰壇が設けられる。

法要は、その当日(関西は前夜)に営むのが最善ではあるが、日程に都合が付かない場合は、その当日より前に繰り上げて営むのが一般的である。とりわけ、初七日の法要は葬儀の数日後に迎えることになるため、暦通りに開催すると非常に慌しくなる事から葬儀の直後に『繰り上げ法要』と称して同時並行的に営むことも多い(地域により差異がある)。
引用元:中陰法要 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%99%B0%E6%B3%95%E8%A6%81