【剛力彩芽】古崎由乃

えすのサカエの漫画を原作とする
2012年のTVドラマ『未来日記
-ANOTHER:WORLD-』で、主人公・
星野新太を演じた俳優は?
内野聖陽
岡田将生(答)
生田斗真
妻夫木聡
0%

『未来日記-ANOTHER:WORLD-』(みらいにっき-アナザー:ワールド-)は、えすのサカエ原作の漫画『未来日記』を原作とし、2012年4月21日より6月30日まで、フジテレビ系列で新設されたドラマ枠土ドラ(毎週土曜日23:10 – 23:55〈JST〉)の第1作として放送された日本のテレビドラマ。主演は岡田将生[1]。キャッチコピーは「キミがいる未来を、生きたいと思った。」

あらすじ
アイスピック通り魔事件で殺された被害者たちは、それぞれクロノスシード社製の100台限定のスマートフォンを所持していた。

星野新太は友人の森口類に携帯電話を壊され、代替機としてクロノスシード社限定のスマートフォンを借りる。それによって「未来日記」というアプリを利用すると、未来の出来事が次々と勝手に書き込まれてゆき、新太は未来を知ることに喜ぶ。しかし同じ頃、家庭内では父親が理由も告げずに離婚し家を出てしまうという出来事に見舞われる。

しばらくして、未来日記に突然「DEAD END」と書き込まれ、新太は自分が死ぬ未来を知る。新太はスマートフォンを借りた類に助けを求めようとするが、その途中プラネタリウムの中でアイスピック通り魔事件の犯人に襲われる。突然現れた少女・古崎由乃に導かれ「未来」を次々と変え生きようと抗う。
引用元:未来日記-ANOTHER:WORLD- – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E6%97%A5%E8%A8%98-ANOTHER:WORLD-