【named after Houdin】Harry Houdini

19世紀に燕尾服とシルクハットと
いうマジシャンのスタイルを確立
した「近代記述の父」と呼ばれる
人物はロベール・◯◯◯◯?
ルベダリウ
コーアナン
ウーダン(答)
-%

次の文字列を順に選んで
日本にマジックの基礎を伝えた
とされるインドの魔術師の
名前にしなさい
プラトル・
チャンドラ・
ソーカー
29%

引用元:P. C. Sorcar https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/51423/

074vrYtrzjnRt
戦前に活躍したイギリスの奇術師
で、第二次世界大戦中にイギリス
軍に協力して功績をあげたのは
ジャスパー・◯◯◯◯◯?
ブスーグズ
ジリンソス
マビッンア
マスケリン(答)
20%
Jasper Maskelyne
引用元:Jasper Maskelyne https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/281/

かつては、その名を冠した創作
奇術の賞も存在した、欧米では
「テンカイ」と呼ばれて親しまれた
日本人マジシャンは◯◯天海?
前田
引園
石本
石田(答)
32%


本名を「中井かつ」という三島由紀夫の小説『仮面の告白』にも登場する20世紀初頭の女奇術師は?
松旭斎天勝(答)
しょうきょくさいてんかつ


日本独特の伝統的な
奇術のことをさす言葉です
和妻
わづま(答)


ここが主催するコンテストに入賞
することが一流マジシャンへの
登竜門となっている、「マジック
協会国際連合」の略称は?
ISFTC
LUPGM
FISM(答)
フィズム
Fédération internationale des sociétés magiques
引用元:【グレート天海】「石田」天海 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/48632/

ジャン・ウジェーヌ・ロベール=ウーダン(Jean Eugène Robert-Houdin, 1805年12月7日 – 1871年6月13日[要出典])は、フランス人のプロマジシャン。今までとは違う奇術を行い、尊敬をされたことから近代奇術の父と呼ばれている[1]。

40歳のとき、かねてから憧れていたマジシャンへ転身。1845年パリでデビュー。プロデビュー後は古くからあるマジックに加え、元時計職人ならではの新技術に基づいた数々のオリジナルマジックで人気を博した[2]。それらは現代においても、行われているものもある。

このときウーダンは、夜会服(燕尾服)といった正装を着用。また明るい照明を使用したことなどで、それまでのマジックに対する「黒魔術的な」イメージを払拭した。この革命的な演出形態は、たちまち世界中へと広がり、夜会服(燕尾服)にシルクハットは「マジシャンの代名詞」となった。このことからウーダンは、しばしば「近代奇術の父」と呼ばれる。また、「マジシャンとは魔法使いを演じる役者である」という名言を残した[3]。 これを奇術の歴史に名を刻んだ多くのマジシャンが大切にしてきた。故に奇術師には秘密を守る義務がある。
引用元:ジャン・ウジェーヌ・ロベール=ウーダン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3

フーディーニことハリー・フーディーニ(Harry Houdini [ˈhæri.huːˈdiːni]、1874年3月24日 – 1926年10月31日)は、「脱出王」の異名を取った、ハンガリーのブダペスト市出身[1]のユダヤ人で、アメリカ合衆国で名を馳せた奇術師である。本名はヴェイス・エリク (Weisz Erik [ˈvæjsˌerik])[2]。「不可能を可能にする男」という評価を得て[3]、現在でも「アメリカで最も有名な奇術師」と呼ばれるほど認知度は高く、奇術師の代名詞ともなっている。飛行機や陸上競技への造詣も深かった。超能力や心霊術のいかさまを暴露するサイキックハンターとしても知られる。

ハリー・フーディーニの芸名は、当時アメリカで活躍していた奇術師ハリー・ケラーの名前とフランスの奇術師ロベール・ウーダンの姓の綴り “HOUDIN” の最後に “I” を加えたもの。
引用元:ハリー・フーディーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B

Magic career
When Weiss became a professional magician he began calling himself “Harry Houdini”, after the French magician Jean-Eugène Robert-Houdin, after reading Robert-Houdin’s autobiography in 1890. Weiss incorrectly believed that an i at the end of a name meant “like” in French. In later life, Houdini claimed that the first part of his new name, Harry, was an homage to Harry Kellar, whom he also admired, though it was likely adapted from “Ehri”, a nickname for “Ehrich”, which is how he was known to his family.[11]
引用元:Harry Houdini – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Harry_Houdini