『マイ・レフトフット』ダニエル・デイ=ルイス アカデミー主演男優賞

095ZNwvJMmApf
ダニエル・デイ・ルイスが
初のアカデミー主演男優賞を
受賞した映画のタイトルは
『マイ・ライトフット』である
×
◯『マイ・レフトフット』

『マイ・レフトフット』(My Left Foot)は、1989年にアイルランド・イギリス合作で制作された映画。生まれつき脳性麻痺で左足しか動かすことのできないクリスティ・ブラウンの同名の自伝を映画化した作品。
引用元: マイ・レフトフット – Wikipedia.

幼い頃のクリスティ(ヒュー・オコナー)は、ある日臨月を迎えた母が階段から落ちたことで、かろうじて動く左足で必死に扉を叩き、近所の人を呼ぶが、誰もクリスティのおかげと気づく者はいなかった。また別の日、兄弟たちが勉強する姿を見ていたクリスティは、左足にチョークをはさみ、文字を書いた。こうしてクリスティは、外の世界とふれあう手段を得たのだった。
引用元: マイ・レフトフット | Movie Walker.

サー・ダニエル・マイケル・ブレイク・デイ=ルイス(Sir Daniel Michael Blake Day-Lewis, 1957年4月29日 – )は、イギリス出身の俳優。アカデミー主演男優賞を3回受賞している唯一の俳優である。
>オールド・ヴィク演劇学校(Bristol Old Vic Theatre School)で演技を学び、1971年に『日曜日は別れの時』で映画デビューしたが、しばらくはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなどの舞台で活動していた。1982年に再び映画界に戻り、『マイ・ビューティフル・ランドレット』(1985年)・『眺めのいい部屋』(1986年)に連続出演し、この2作品で注目され、ニューヨーク映画批評家協会賞 助演男優賞を受賞。『存在の耐えられない軽さ』(1988年)でアメリカ映画に進出。1989年公開の『マイ・レフトフット』でアカデミー主演男優賞を受賞。
>主な作品
『マイ・レフトフット』
『眺めのいい部屋』
『父の祈りを』
『ギャング・オブ・ニューヨーク』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
『リンカーン』
引用元: ダニエル・デイ=ルイス – Wikipedia.