【崩護例離地】Pogorelich

型破りな演奏スタイルで知られる
ベオグラード生まれのピアニスト
ポゴレリチ(答)
31%

135oWPNfCF
1980年にアジア人で初めて
ショパン国際ピアノコンクール
で優勝したベトナム出身の
ピアニストは誰?
ンイソ・ンダタ・
ダン・タイ・ソン(答)
Đặng Thái Sơn
鄧泰山

CIMG0907pRMQCjIHXDCi
1955年に開催された第5回
ショパン国際ピアノコンクールで
10位となり、日本人初の入賞を
果たした女性ピアニストは誰?
遠藤郁子
中村紘子
田中希代子(答)
原智恵子
引用元:「ダン・タイ・ソン」ベトナムのピアニスト ショパン国際ピアノコンクールで優勝 「田中希代子」1955第5回大会で日本人初入賞 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/22515/

イーヴォ・ポゴレリチ(Ivo Pogorelich[1][2]、原語表記はIvo Pogorelić、1958年10月20日 – )は、クロアチアのクラシック音楽のピアニスト。

略歴
ユーゴスラヴィア(当時)の首都ベオグラード生まれ。22歳であった1980年に、師事していた43歳の女流ピアニスト、アリザ・ケゼラーゼ(英語版)と結婚したり、作曲家が弱音と指定している箇所を強打するなど、私生活・ピアノ演奏の双方で型破りなことで知られる。現在はスイスに在住。レパートリーはショパン、ラヴェル、シューマン、ベートーヴェン、リスト、スクリャービン、プロコフィエフ、バッハ、スカルラッティ等であり幅広い。現代音楽は一切手掛けないとしている。

コンクールのヒーローとして
1978年、イタリア、モンテルニのアレッサンドロ・カサグランデ国際コンクール第一位。指揮者ダニエル・オレンとの共演でメンデルスゾーンのピアノ協奏曲を演奏。1980年、カナダ、モントリオール国際コンクール第一位。審査員の満場一致での優勝であった。1980年、ポーランド、第10回ショパン国際ピアノコンクールの本選落選、審査員特別賞受賞。これまでのショパン解釈からは到底考えられない彼の演奏は奇抜すぎるとする他審査員に対し、審査員の一人マルタ・アルゲリッチが「彼こそ天才よ」といい、その場から立ち去り抗議。審査員を辞任する騒ぎとなった。また、パウル・バドゥラ=スコダを始めとする他の数名の審査員は辞任はしなかったが、アルゲリッチに賛同の意見を述べた。なお、アルゲリッチがショパン国際ピアノコンクールの審査員に復帰したのはこの20年後、2000年である。この一連の出来事は「ポゴレリチ事件」と呼ばれるようになり、ショパン国際ピアノコンクールの歴史を語る上で避けられない出来事となった。
引用元:イーヴォ・ポゴレリチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B4%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%81

マリア・マルタ・アルゲリッチ(Maria[1] Martha Argerich、1941年6月5日 – )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の女性ピアニスト。現在、世界のクラシック音楽界で高い評価を受けている[誰?]ピアニストの一人である。

1980年の第10回ショパン国際コンクールの審査員であったアルゲリッチは、ユーゴスラヴィアからの参加者イーヴォ・ポゴレリチが本選に選ばれなかったことに猛烈に抗議して、審査員を辞退した。ポゴレリチのことを「だって彼は天才よ!」と言い残して帰国した件だけが取り上げられることが多いが、アルゲリッチは「審査席に座った事を恥じる」と述べ、「魂の無い機械がはじき出した点数だけで合否を決めてしまうのではなく、審査員間でも協議するべきだ」と発言した。1990年代後半ドイツで、急病のポゴレリチに代わって、アルゲリッチが登場したことがある。プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番ハ長調 Op.26を演奏した。
引用元:マルタ・アルゲリッチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%81