【橿原市】新ノ口駅

人形浄瑠璃『冥途の飛脚』の
三段目の通称です
新口村
にのくちむら(答)
29%

012fTVFKWn
次のうち
人形浄瑠璃『冥途の飛脚』の
主人公である男女を
1つ選びなさい
忠兵衛(答)
お初 『曽根崎心中』
梅川(答)
徳兵衛 『曽根崎心中』
治兵衛(じへえ)『心中天網島』
小春 『心中天網島』
引用元:『冥途の飛脚』「梅川」「忠兵衛」 『曽根崎心中』「お初」「徳兵衛」 『心中天網島』「小春」「治兵衛」 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/21738/

『冥途の飛脚』(めいどのひきゃく)とは、人形浄瑠璃の演目のひとつ。全三段、大坂竹本座にて初演。近松門左衛門作。

下之巻
(道行相合駕籠〈みちゆきあいあいかご〉)追手におびえながら忠兵衛と梅川は、駕籠や徒歩で逃避行を続ける。

(新口村の段)ほどなく正月を迎えようという頃、忠兵衛と梅川のふたりは忠兵衛の生まれ故郷大和国新口村まで辿り着く。村には忠兵衛の実父孫右衛門がいたが当然会うことはできない。そこで忠兵衛とは幼馴染みだった忠三郎を頼ろうと、その家を訪ねるも忠三郎は不在である。だが村にはすでに同業の飛脚屋からの追手が入り、忠兵衛が大坂で大金を横領した事が知れ渡っていた。忠兵衛たちは素性を隠し、居合わせた忠三郎の女房に忠三郎を呼んでくれるよう頼むと出かけていき、家の中は忠兵衛と梅川ふたりきりとなる。表は雨が降っていた。
引用元:冥途の飛脚 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A5%E9%80%94%E3%81%AE%E9%A3%9B%E8%84%9A

浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。正徳元年(1711)大坂竹本座初演。大坂の飛脚問屋亀屋の養子忠兵衛は新町の遊女梅川を身請けするため、公金に手をつけ、梅川とともに故郷新口村(にのくちむら)に逃げるが捕らえられる。通称「梅川忠兵衛」。
出典 小学館デジタル大辞泉
引用元:冥途の飛脚とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%86%A5%E9%80%94%E3%81%AE%E9%A3%9B%E8%84%9A-141144

新ノ口駅(にのくちえき)は、奈良県橿原市新口町にある、近畿日本鉄道(近鉄)橿原線の駅。駅番号はB38。
引用元:新ノ口駅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%8E%E5%8F%A3%E9%A7%85