林廣守

『君が代』の元になった旋律を
作ったとされる作曲家です
奥好義
おくよしいさ(答)
31%

奥 好義(おく よしいさ、1857年11月8日(安政4年9月22日) – 1933年(昭和8年)3月6日(9日[1]とも))は、明治・大正・昭和時代の雅楽師、作曲家。

安政4年(1857年)9月22日(生年は安政5年(1858年)[1]、誕生日は9月20日[1]とも)、京都生まれ[1]。1870年東上、宮内省雅楽局で雅楽を演奏し、また洋楽を教習した。1879年から松野クララにピアノを師事した[2]。複数の『君が代』の中で、奥の『君が代』が祝日大祭日唱歌に選ばれた。ただし官報発表は林廣守撰となっている。

他に『婦人従軍歌』、『金剛石』、『天長節』、『富士川小学校校歌』、『勇敢なる水兵』などの作がある。『勇敢なる水兵』は替え歌され『のらくろの歌』としても知られる。
引用元:奥好義 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%A5%BD%E7%BE%A9

林 廣守(はやし ひろもり、天保2年11月25日(1831年12月28日) – 明治29年(1896年)4月5日)は、幕末・明治前期の雅楽演奏者。幼名は榮之助、初名は廣金。日本の国歌である「君が代」の作曲者として知られている[1]。

明治維新後の明治2年(1869年)、明治天皇の東京行幸とともに東京へ移動することを命じられ、宮内省雅楽局(後に雅楽部、現在の宮内庁楽部)に配属された。明治8年(1875年)、政府の命令によって西洋音楽の学習を命じられて、以後西洋音楽の理論と雅楽の融合に努めることになる。明治13年(1880年)、楽人を代表して国歌制定委員となり、同年10月に現在の「君が代」の楽譜案を提出し、同年の11月3日の天長節において初めて演奏を行った。その功績によって位階制度復活後に正八位に叙せられる[2]。
引用元:林廣守 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%BB%A3%E5%AE%88


の意味や読み,を含む男女の名前例,字画と占い (1128件)
この漢字は人名に使えます。男の子に多く使われる漢字です。

意味
すじ道。かどめ。かどめが正しい。 利欲に引かれず、すじ道をたてる心。みさお。かどめただしい。 公共のためにつくすこと。また、そのさま。 ことばや行いに含まれている理由。わけ。意味。 約束してちかった親類関係。また、そのような関係の。 名目上の。かりの。かどめや、約束をとおすやり方。

音読み

訓読み
よい
他の読み
あき,いさ,しげ,たけ,ただし,ちか,つとむ,とも,のり,みち,よし,より
引用元:「義」の意味や読み,「義」を含む男女の名前例,字画と占い (1128件) | みんなの名前辞典 – 点数が出る無料の名前占い/相性診断,姓名判断 https://mnamae.jp/c/7fa9.html