ヴィクトル1世 南アフリカ出身初のローマ教皇 「ペトロ」初代教皇「リヌス」2代教皇 『ミゼレーレ』グレゴリオ・アレグリ

065HNSNRQgXTd
初のアフリカ出身のローマ教皇
とされる、第14代ローマ教皇は?
ヴィクトル1世(答)
セルギウス
ミルティアデス
ゲラシウス1世

○×
第266代ローマ教皇・フランシスコ1世は史上初の南米出身のローマ教皇である

CIMG2801vRsEAsjAtHNZ
CIMG2802tVjWBNqBXkFb
カトリック教会における
初代ローマ教皇は
聖ペトロですが

第2代ローマ教皇は
聖○○○?
ロピペヌ
ウリトス
→リヌス

CIMG4479
ローマ教皇庁が複写を禁じたため
長らく門外不出だった、イタリア
ルネサンス期の作曲家グレゴリオ
・アレグリの代表曲といえば?
レゼネミモ
アーカパン
→ミゼレーレ


枢機卿の中から選ばれる
ローマ教皇の秘書長です
カメルレンゴ
Camerlengo
引用元: 「カメルレンゴ」ローマ教皇の秘書長 クロアチア世界遺産「古都トロギール・カメルレンゴの砦」 | わかればいいのに I wish I knew.

Pope Victor I (died 199) was a bishop of Rome, and hence a pope, in the late second century. The dates of his tenure are uncertain, but one source states he became pope in 189 and gives the year of his death as 199.[1] He was the first bishop of Rome born in the Roman Province of Africa—probably in Leptis Magna (or Tripolitania). He was later considered a saint. His feast day is celebrated on 28 July as “St Victor I, Pope and Martyr”.[2]
引用元: Pope Victor I – Wikipedia, the free encyclopedia.

アフリカ出身のローマ教皇はこれまで3人はいます。

14代 聖ヴィクトル1世 在位期間189~199年
32代 聖ミルティアディス 在位期間311~314年
49代 聖ゲラシウス1世 在位期間492~496年

みなカトリック聖人です。
引用元: アジア人やアフリカ系のローマ法王は誕生しないのでしょうか?これまで… – Yahoo!知恵袋.

教皇(きょうこう、ラテン語: Pāpa[1]、ギリシア語: Πάπας Pápas[2]、英語: Pope)は、キリスト教の高位聖職者の称号[3]。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。
>教皇名は自由に選ぶことはできるが、ペトロの名前を選んだものはいない。
対立教皇を除き、最も多く選ばれた教皇名は「ヨハネス」の22人である。ついで「グレゴリウス」と「ベネディクトゥス」が16人づつとなっている。
>完全なオリジナルの教皇名を名乗った最新の教皇は、2013年3月に選出された現教皇フランシスコである。それまでは長らくランドがその記録の保持者だった。
引用元: 教皇 – Wikipedia.

グレゴーリオ・アッレグリ(グレゴリオ・アレグリ、アルレグリ、Gregorio Allegri 、1582年 – 1652年2月7日 ローマ)はイタリアの作曲家・司祭・歌手。ローマ楽派に属し、生涯の大半をローマに過ごす。弟にドメーニコ・アッレグリ(英語版)がいる。
>アレグリ作品で群を抜いて有名なのが《ミゼレーレ》である。合唱の一方は4声、もう一方は5声からなる二重合唱のために作曲されており、かなりの名声を博してきた。合唱団の片方が聖歌〈ミゼレーレ〉の原曲を歌うと、空間的に離れたもう一方が、それに合わせて装飾音型で聖句の「解釈」を歌う。《ミゼレーレ》は今でもシスティーナ礼拝堂の聖務週間で定期的に歌われている。17世紀に「古様式 stile antico 」もしくは「第1作法 prima prattica 」として知られたような、ルネサンス音楽のポリフォニー様式の典型的な作品だが、ローマ楽派とヴェネツィア楽派の両方からの影響を示している。ポリフォニー様式ではあるが、全声部が模倣を行う通模倣様式ではなく、和声的様式(ファミリアーレ様式)による。これは歌詞を強調するために採用されたと考えられる。この《ミゼレーレ》は1981年に映画「炎のランナー」のサウンドトラックに利用されたことで、国際的な知名度を獲得するに至った。
るに至った。