スクリャービン「神秘和音」『法悦の詩』『プロメテウス』 ヤナーチェク『利口な女狐の物語』 リムスキー=コルサコフ『サトコ』 エリック・サティ『ひからびた胎児』

032ikgzfSfNhD
交響曲『法悦の詩』
交響曲『神聖な詩』
交響曲『プロメテウス』
「神秘和音」を考案
スクリャービン(答)
グリンカ
ヤナーチェク
リムスキー=コルサコフ


劇中歌『インドの歌』で有名な
主人公の不思議な体験を描いた
リムスキー=コルサコフ作曲の
オペラは?
サトイ
カブラ
ナンコ
→サトコ
『Sadko』
引用元: 『サトコ』Sadko リムスキー=コルサコフのオペラ 『インドの歌』 | わかればいいのに I wish I knew.

CIMG1504
オペラ『利口な女狐の物語』で
知られるチェコの作曲家は?
ヤナーチェク

CIMG2843LyAlJvkSJHvk
『ひからびた胎児』
『官僚的なソナチネ』
『ヴェクサシオン』
『ジムノペディ』
グスタフ・マーラー
ジュール・マスネ
エリック・サティ(答)
ドビュッシー

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・スクリャービン(ロシア語: Александр Николаевич Скрябин, 1872年1月6日 – 1915年4月27日)は、ロシアの作曲家、ピアニスト。作曲者自身はフランス語風に Alexandre Scriàbine(もしくは Scriabine)と綴ることを好んだ。英語では Alexander Scriabin, ドイツ語では Alexander Skrjabin となる。
>またスクリャービンの特徴として、’神秘和音’を独自に生み出し、彼自身の作品でも多用されている。
四度音程を六個堆積した和音で、合成和音(Synthetic chord)とも呼ばれている。(但し、V.デルノワの『スクリャービンの和声』以来、一般的に、属九の和音の第5音を下行変質し、付加第6音を加えた和音と解釈されている。)
独特の響きがもたらされ、文字通り神秘的な雰囲気をかもし出す。 また、彼独特のクロスリズムも多く用いられている。
>後期の代表作である交響曲「法悦の詩」(Op.54、1908)と「プロメテ – 火の詩」(Op.60、1910)はどちらも単一楽章で作曲されている。かつては自由な形式の交響詩と看做されていたが、現在では、内部構造が自由に拡張されたソナタ形式で作曲されていることが確認されている。
「プロメテウス」では鍵盤を押すとそれに応じて色の付いた光(彼自身の共感覚に基づくとの説もある)が放射されるピアノを用いて聴覚と視覚との統合芸術を目指したが、「神秘劇」と題された最後の未完作品では、さらに五感全てに訴えるマルチメディア的芸術を企図したと言われる。
引用元: アレクサンドル・スクリャービン – Wikipedia.

ミハイル・イヴァーノヴィチ・グリンカ(ロシア語:Михаил Иванович Глинка、ミハイール・イヴァーナヴィチュ・グリーンカ:Mikhail Ivanovich Glinka、1804年6月1日スモレンスク近郊ノヴォスパスコイェ Novospasskoye Новоспасское – 1857年2月15日ベルリン)は国外で広い名声を勝ち得た最初のロシア人作曲家。「近代ロシア音楽の父」と呼ばれる。ウクライナ系。
引用元: ミハイル・グリンカ – Wikipedia.

レオシュ・ヤナーチェク(チェコ語: Leoš Janáček [ˈlɛoʃ ˈjanaːt͡ʃɛk] Cs-Leos_Janacek.ogg 発音[ヘルプ/ファイル], 1854年7月3日 – 1928年8月12日)は、モラヴィア(現在のチェコ東部)出身の作曲家。
モラヴィア地方の民族音楽研究から生み出された、発話旋律または旋律曲線と呼ばれる旋律を着想の材料とし、オペラをはじめ管弦楽曲、室内楽曲、ピアノ曲、合唱曲に多くの作品を残した。そのオペラ作品は死後、1950年代にオーストラリアの指揮者チャールズ・マッケラスの尽力により中部ヨーロッパの外に出、1970年代以降広く世に知られるようになった。
引用元: レオシュ・ヤナーチェク – Wikipedia.

ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ(ロシア語: Николай Андреевич Римский-Корсаков, ラテン文字転写: Nikolai Andreyevich Rimsky-Korsakov, 1844年3月18日 – 1908年6月21日)はロシアの作曲家。ロシア五人組の一人で、色彩感あふれる管弦楽曲や民族色豊かなオペラを数多く残す。調性に色を感じる共感覚者であったといわれる[1]。
引用元: ニコライ・リムスキー=コルサコフ – Wikipedia.