Carrie Underwood『American Idol(4th)』

次の歌手とアルバムの
正しい組み合わせを選びなさい
キャリー・アンダーウッド───Play On
テイラー・スウィフト───Fealess
ノラ・ジョーンズ───New York City
27%

055uGPbSgTZac
次の人物を
アメリカのオーディション番組
『アメリカン・アイドル』で
優勝した順に選びなさい
ケリー・クラークソン
ルーベン・スタッダード
ファンテイジア・バリーノ
キャリー・アンダーウッド
テイラー・ヒックス
引用元:『アメリカン・アイドル』歴代優勝者「ケリー・クラークソン」「ルーベン・スタッダード」「ファンテイジア・バリーノ」「キャリー・アンダーウッド」「テイラー・ヒックス」 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/6075/

キャリー・マリー・アンダーウッド(Carrie Marie Underwood、1983年3月10日 – )[1][2]は、アメリカン・アイドルのシーズン4で優勝し、2007年グラミー賞最優秀新人賞を受賞したアメリカ合衆国出身のカントリーミュージシャンである。

デビューアルバム『Some Hearts』はカントリージャンルのアルバムとしては最も早く500万枚の売り上げを達成した[3]。アメリカン・アイドルの優勝者や参加者の中としてもデビューアルバムとしては最大の売り上げとなった。2006年度、主要な音楽賞であるアメリカン・ミュージック・アウォーズ(AMA)とビルボード・ミュージック・アウォーズ、グラミー賞の全てを受賞した最初のアメリカン・アイドルの優勝者となった。身長161cm[4]。
引用元:キャリー・アンダーウッド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89

Play On is the third studio album by American singer and songwriter Carrie Underwood. It was released in the United States on November 3, 2009, through Arista Nashville.

The album debuted at number one on the Billboard 200 with first week sales of 318,000 copies, which was rated as the highest first-week sales for a female artist in 2009 upon release. It is her second album to debut at number one on the Billboard 200, and her third to debut atop the Billboard Top Country Albums chart.

As of October 2016, the album has been certified 3x Platinum by the RIAA, Platinum by the CRIA and Gold by the ARIA. Play On has since sold over three million copies worldwide.
引用元:Play On (Carrie Underwood album) – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Play_On_(Carrie_Underwood_album)

テイラー・アリソン・スウィフト(英語: Taylor Alison Swift、1989年12月13日 – )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター。女優として映画やテレビドラマにも出演している。グラミー賞10回受賞(32回ノミネート)[3]している。

カルヴィン・ハリスと共にリアーナの楽曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー(英語版)」を作曲した際には、ニルス・ショバーグ(英語: Nils Sjöberg)というペンネームを使用して作詞を手がけた[1]。
引用元:テイラー・スウィフト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%88

Fearless is the second studio album by American singer-songwriter Taylor Swift. The album was released on November 11, 2008, by Big Machine Records. Swift wrote most of the songs during the time when she was promoting her self-titled debut studio album performing as an opening act for other country artists. Of the 13 tracks on the standard edition, eight were solely written by Swift, and the other were co-written by Swift with Liz Rose, Hillary Lindsey, Colbie Caillat, and John Rich. Swift also made her debut as a record producer, co-producing all songs with Nathan Chapman.
引用元:Fearless (Taylor Swift album) – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Fearless_(Taylor_Swift_album)

ノラ・ジョーンズ(Norah Jones、本名:ギータリ・ノラ・ジョーンズ・シャンカール(Geethali Norah Jones Shankar)、1979年3月30日 – )は、アメリカ合衆国のピアノ弾き語りジャズ歌手&ジャズ・ピアニスト、女優。父はインドで最も有名な音楽家でビートルズにも影響を与えたシタール奏者ラヴィ・シャンカル、異母妹はイギリス人シタール奏者のアヌーシュカ・シャンカル。

ジャズのスタイルを取りながら、ソウル、カントリー、フォーク、ポップスなど、アメリカのポピュラー音楽の要素を採り入れたデビュー・アルバム『Come away with me』(邦題:『ノラ・ジョーンズ』)が全世界で1800万枚を売り上げ(累計で2300万枚を突破[1])、グラミー賞では主要3部門を含めノミネート部門すべてで受賞し、本人としては5冠、作品としては8冠を獲得した。ビルボードのコンテンポラリー・ジャズ・アルバム・チャートで143週連続1位(2002年3月16日付〜2004年12月4日付)を記録するなどの記録を残した。2004年2月リリースのアルバム『フィールズ・ライク・ホーム』は販売5日目にミリオンセラーとなった。
引用元:ノラ・ジョーンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA

New York City is an album by The Peter Malick Group featuring Norah Jones. The album was recorded during August and September 2000, a few weeks before Jones made her own demos for Blue Note Records, and released three years later. Jones sings on all seven tracks, and this album is more bluesy than Jones’ debut album, Come Away with Me. One of the tracks of the album, “Strange Transmissions”, was bundled with the Nokia 6230 mobile phone.

The album reached number fifty-four on the Billboard 200, number one on Top Blues Albums, and number two on Top Independent Albums.[1] The Bastone & Burnz remix of “Strange Transmissions” peaked at number twenty-three on the Hot Dance Music/Club Play chart in 2004.[2]
引用元:New York City (The Peter Malick Group album) – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/New_York_City_(The_Peter_Malick_Group_album)