『ブンガチャ節』 北島三郎のデビュー曲 放送禁止となった曲

054OssosJXZdR
演歌界の大御所・北島三郎の
デビュー曲は『◯◯◯◯◯節』?
ブンガチャ
『ブンガチャ節』

>北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年10月4日 ‐ )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家。
「函館の女」に始まる『女』シリーズ、「兄弟仁義」などの『任侠』シリーズなど、数多くのヒット曲がある。本名は大野穣(おおのみのる)。一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれている。
>同年6月5日、日本コロムビアから「ブンガチャ節」(作詞・星野哲郎、作曲・船村徹)でデビューしたがこの第一弾は不発に終わった。北島はレコーディングを済ませていた『なみだ船』を予想していたが、その予想は完全に覆された。「ブンガチャ節」は渋谷などの繁華街で流しが歌っていた春歌(猥歌)の歌詞を変えて売り出したもので、発売から1週間で放送禁止となった[6](歌詞の中の“キュッキュキュ~”との合いの手が「ベッドが軋む音」を連想させ卑猥だからという俗説もある)。北島自身は「テレビに3回出たら、放送禁止になっちゃった。」と語っている[2]。そこで8月20日に急遽発売となったセカンド・シングル「なみだ船」がヒット(公称でミリオンセラー[7])し、出世作となる。
引用元: 北島三郎 – Wikipedia