「カスチェイ」イワン王子と対決する悪人 バレエ『火の鳥』ストラヴィンスキー

115XuxSIRdtZb
バレエ『火の鳥』に登場する
イワン王子を捕まえる邪悪な王
カスチェイ

スラヴ神話においてコシチェイ(カスチェイ)(露: Коще́й, Koshchey, 異綴り:Koschei, Каще́й, Kashchei, Kashchey, Kashchej, 波: Kościej)は醜い老人の姿をした悪人で、主に若い女性を襲う。「不死身のコシチェイ」(Коще́й Бессме́ртный)の二つ名で知られる。その名前は「骨」を意味する語(露: кость, 波: kość)に由来すると見られ、その骸骨の様な容貌を表す。
引用元: コシチェイ – Wikipedia.

イワン王子 または イヴァン・ツァレヴィチ (露: Иван Царевич, Иван-царевич) はロシア民話に登場する英雄である。前向きな役柄を与えられ、しばしば悪の権化のカスチェイと対決する。時に魔力の持ち主として魔剣クォデネンツ(またはサモショーク)を操るとも描かれる。
>上記のほかにイワン王子が登場する有名な説話に 『竜王と賢女ワシリーサ』『若返りのリンゴと命の樹の話』 があり、舞台作品ではイーゴリ・ストラヴィンスキーの三大バレエの一つ 『火の鳥』 が挙げられる。
引用元: イワン王子 – Wikipedia.

『火の鳥』(ひのとり、仏: L’Oiseau de feu、露: Жар-птица) は、イーゴリ・ストラヴィンスキーが作曲したロシアの民話に基づく1幕2場のバレエ音楽、およびそれに基づくバレエ作品。音楽はリムスキー=コルサコフに献呈された。
引用元: 火の鳥 (ストラヴィンスキー) – Wikipedia.