Gellert Grindelwald

映画『ファンタスティック・
ビーストと魔法使いの旅』では
ジョニー・デップが演じる
闇の魔法使いは?
ンルデルリバドグ
グリンデルバルド(答)
29%

2016年11月公開の映画
『ファンタスティック・
ビーストと魔法の旅』に登場
するアメリカ魔法省の通称は?
CSUMAA
MACUSA(答)
13%

引用元:【魔草】Magical Congress of the United States of America | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/49807/

ゲラート・グリンデルバルド
げらーとぐりんでるばるど

「ゲラート・グリンデルバルド」とは、『ハリー・ポッター』シリーズ及び『ファンタスティック・ビースト』シリーズに登場するキャラクターである。

概要
「ゲラート・グリンデルバルド」とは、『ハリー・ポッター』シリーズおよび『ファンタスティック・ビースト』シリーズに登場する魔法使い。ヴォルデモートに次いで歴史に爪痕を残した闇の魔法使いであり、アルバス・ダンブルドアのかつての親友。魔法族が正体を非魔法族へ表し、彼らを屈服させることをイデオロギーにヨーロッパを中心とした動乱を引き起こした。

1998年、ヴォルデモート卿からニワトコの杖とダンブルドアを守ろうとして殺害される。
引用元:ゲラート・グリンデルバルド (げらーとぐりんでるばるど)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%89

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(ファンタスティック・ビーストとまほうつかいのたび、原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them)は、2016年に公開された映画。『ファンタスティック・ビースト』シリーズの1作目、「魔法ワールド」の9作目にあたり、2016年11月18日に初公開された。

あらすじ
1926年、イギリスの魔法使いで魔法生物学者であるニュート・スキャマンダーが、アメリカ合衆国・アリゾナ州へ向かうルートの経由地ニューヨークに船で到着する。ニュートは非魔法使い(アメリカ英語で「ノー・マジ」”No-Maj”、イギリス英語で「マグル」”Muggle”)の女性であるメアリー・ルー・ベアボーンに出会うが、メアリー・ルーは魔女や魔法使いは実在し、危険であるという主張をしている新セーレム慈善協会を率いていた。ニュートがメアリー・ルーのスピーチを聞いているあいだに、魔法で拡張されて複数の魔法生物のすみかになっているニュートのスーツケースからニフラーが逃げ出す。これをつかまえようとするうちに、ニュートはノー・マジの缶詰工場職員でパン屋志望のジェイコブ・コワルスキーと出会い、偶然にもふたりが持っていたスーツケースが入れ替わる。降格させられた闇祓い(闇の魔法使いを追う専門家)であるポーペンティナ・ゴールドスタイン(ティナ)は、ニュートを未登録の魔法使いとして逮捕し、かつての地位を取り戻したいとの思いを秘めながらアメリカ合衆国魔法議会 (MACUSA) の本部に連れて行く。しかしながらニュートが持っていたのはジェイコブのスーツケースで、パンや焼き菓子が入っていただけであったので、ニュートは釈放される。ジェイコブが借りていたアパートでは、ニュートのスーツケースから逃げ出した生きものたちが部屋で大暴れし、ジェイコブは噛まれる。
引用元:ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A8%E9%AD%94%E6%B3%95%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%85

ゲラート・グリンデルバルド
演 – マイケル・バーン(映画版・老年時代)、ジェイミー・キャンベル・バウアー(映画版・青年時代)、ジョニー・デップ(映画『ファンタスティック・ビースト』・中年時代)
日本語吹き替え – 大木民夫(映画版・老年時代)、平田広明(映画『ファンタスティック・ビースト』・中年時代)
闇の魔法使いのなかでもヴォルデモートに次いで強力と言われている人物。ヴォルデモートの出現までは「歴史上最も危険な闇の魔法使いのリスト」で王座に君臨しており、ヨーロッパやアメリカなどで活動を広げていた。容姿は美形で金髪の巻き毛が特徴。ダンブルドアも認める秀才であり、自由自在に姿を消せたといわれている。戦闘に関しても並の魔法使いよりはるかに秀でていたといわれるが、決闘の腕前という意味あいにおいては、ダンブルドアが恐れるほどの存在ではなかったとされている。
標語は「より大きな善のために」であり、抵抗者を投獄するために作った監獄「ヌルメンガード」にはその標語が刻まれている。これはダンブルドアの着想によるものであり、若き日のダンブルドアが考えたマグル支配の正当性がその言葉であり、グリンデルバルドは後年もそれを利用しつづけ、多くの悪事を正当化してきた。
引用元:ハリー・ポッターシリーズの登場人物一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#%E3%82%B2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%89

グリンデルヴァルト(Grindelwald)は、スイス・アルプスにあるベルン州山岳地方(ベルナー・オーバーラント)のインターラーケン区に属する村でかつ基礎自治体であり、インターラーケンとともにベルナーオーバーラント地方の観光の拠点となっている。

なお、標準ドイツ語では「グリンデルヴァルト」であるが、ベルナー・オーバーラント地方の発音から「グリンデルワルト」と表記されることが多い[1]。
引用元:グリンデルヴァルト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88