【キノッピー】内海光司

かつてのアイドルグループ
光GENJIのメンバーで、
「バンジー」と呼ばれたのは
山本淳一ですが

「ミッキー」と呼ばれたのは?
沢本山樹一
諸大生星淳
大沢樹生(答)
61%
おおさわみきお

1428RbDuqTe
元「イーグルス」
TV番組『桜っ子クラブ』司会
光GENJIメンバーの最年長
ニックネームは「キノッピー」
諸星和己
大沢樹生
内海光司(答)うちうみこうじ
山本淳一
43%


CIMG1187SmqZqXRBzvAu
次のうち
光GENJIの「光」の
メンバーだったタレントを
全て選びなさい
大沢樹生(答)おおさわみきお ミッキー
佐藤寛之 さとうひろゆき ヒロくん「GENJI」
内海光司(答)うちうみこうじ キノッピー
諸星和己 もろぼしかずみ カーくん「GENJI」
佐藤敦啓 さとうあつひろ あっくん「GENJI」
山本淳一 やまもとじゅんいち バンジー「GENJI」
赤坂晃 あかさかあきら カメ「GENJI」
46%
引用元:「内海光司」うちうみこうじ 愛称「キノッピー」光GENJI最年長 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/25934/

大沢 樹生(おおさわ みきお、1969年4月20日 – )は、日本の俳優であり、イーグルス (ジャニーズ)、光GENJIの元メンバーで愛称は「ミッキー」。東京都文京区本郷出身で、ほどなく江東区大島に転居。所属事務所である株式会社ミキオオフィスの代表取締役社長も務める。

光GENJIについては「宝物ですね。光GENJIがあったから今の自分があるのは紛れも無い事実です。だからもう、むやみに宝箱を開けたくないんですよ」と後に語っている[9]。
「(光GENJI)脱退の決断は、いまだに人生でいちばん勇気が必要だった出来事」「自分の人生をかけた決断」とも語っている[10][11]。
脱退の理由については、「俳優として何も基礎がない自分が主役を張って、キャリアもテクニックもある俳優さんが脇役でいることにコンプレックスを感じるようになった」「このままここにいたら、自分が目指している方向性のものは永遠に出来ないかもしれない」と、ただ売れたというだけでアイドルが実力者より優遇されてしまっていること、光GENJIが次第にアーティストとしての成長をしなくなり、かつての成功例を繰り返すだけになってしまったこと、また、自分の小さな活動の希望ですら押さえつけられずっと行動を制限されたこと等に対し、将来の危機感を持った上での決断であった旨が自叙伝で語られている。ただ、結果として「脱退」という選択肢が必ずしもベストなやり方だったとは言えない旨も語られている[12]。
引用元:大沢樹生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%A2%E6%A8%B9%E7%94%9F

喜多嶋 舞(きたじま まい、1972年8月11日 – )は、日本の元女優である。本名同じ(結婚まで)。神奈川県茅ヶ崎市出身。

私生活では、『ワイルドで行こう!』で共演し長年交際していた大沢樹生と1996年6月、妊娠3か月を契機に結婚する。その後男児を出産したが、2005年に大沢と離婚。2007年には、写真集の仕事で知り合った男性と再婚。同年10月の『婦人公論』誌上で妊娠を公表した。翌年1月24日、喜多嶋は女児を出産。大沢との間に誕生した息子の親権は当初喜多嶋にあったが、2007年4月に大沢に移った。しかし2013年に、DNA鑑定により息子と大沢との間に血縁がないことが明らかになる[2]。その後、親権が喜多嶋に一旦戻ったが、喜多嶋が拒否したために息子はアメリカにいる喜多嶋の実母である内藤洋子の許で育てられることになった[3]。

2015年11月30日、先述の騒動などで現在の家族との問題をおこしたくない事情などで「公私のけじめ」などの理由をもって芸能界を引退[1][4]。
引用元:喜多嶋舞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%9C%E5%A4%9A%E5%B6%8B%E8%88%9E