静岡鉄道依頼【30番迄】

北原白秋の唱歌
『ちゃっきり節』で「男は」と
歌われているのは次郎長ですが

「花は」と歌われているのは
◯◯◯◯? ◯を答えなさい
たちばな(答)
51%

083mteuHie
084bhOczJl
北原白秋作詞の『ちゃっきり節』
で、「花はたちばな」と
歌われていますが、

「男は◯◯◯」と歌われている?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
じろちょう(答)
「男は次郎長、花はたちばな」

032mTLzIvo
唱歌『この道』の
歌詞に出てくる白い建物は?
洋館
時計台(答)
学校
教会
39%

116OybDgWPBAv
北原白秋作詞の唱歌
『この道』の1番の歌詞に
登場する花は◯◯◯◯?
◯を答えなさい
あかしや(答)
142okirvlm
次の植物の写真と名前の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A金色の花───キンモクセイ
B紫の花───ライラック
C黄色の花───アカシア
引用元:「男は次郎長、花はたちばな」『ちゃっきり節』白い時計台・あかしや『この道』北原白秋作詞 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/26043/

『ちゃっきり節』(ちゃっきりぶし)は、北原白秋作詞、町田嘉章作曲の歌曲。「茶切節」ないし「茶切ぶし」「ちゃっきりぶし」と表記される場合もある。古くからの伝統的な静岡県民謡と誤認されることもあるが、20世紀に入ってから作られた新民謡のひとつである。

歌は30番まであり、静岡市を中心とした静岡県中部の地名・方言がふんだんに盛り込まれている。毎年春に静岡県内の会場で「ちゃっきり節日本一全国大会」が行われる。

由来
1927年(昭和2年)、静岡市近郊に開園した狐ヶ崎遊園地(後の狐ヶ崎ヤングランド 1993年閉園)のコマーシャルソングとして、静岡電気鉄道(現・静岡鉄道。静鉄)の依頼によって制作された[1]。

大正時代から昭和時代初期にかけては、地域おこしや観光宣伝のため、旧来からの民謡を広く紹介し、あるいはPRソングとして民謡風の新曲を作るなどの動きが日本の各地で見られた。ちゃっきり節もその一つである。

静岡電鉄は当時すでに名のある詩人であった白秋に懇請して作詞を引き受けさせたが、取材のため静岡を訪れた白秋は、静岡の花柳地・二丁町・蓬莱楼で芸者遊びを続け、一向に詩作に取りかかろうとしなかった。豪遊続きの長逗留に電鉄会社側が作詞依頼の取り下げも検討し始めた頃、老妓の方言によるふとした一言にインスピレーションを得て、白秋は30番まである長大な歌詞を書き上げたという[2]。

作曲者の町田嘉章(1888年 – 1981年)は、邦楽作曲家で民謡の研究家でもあるが、白秋の知人であったことからその推挙により「ちゃっきり節」の作曲を引き受けることになった。
引用元:ちゃっきり節 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%E7%AF%80

狐ヶ崎遊園地のCMソングが静岡民謡として誕生。
いまでは静岡県の民謡としてし親しまれている「ちやっきりぶし」は、昭和2年、静岡鉄道(当時、静岡電気鉄道)が狐ヶ崎遊園地の開園を記念し、沿線の観光と物産を広く紹介するために、北原白秋に依頼して作詞された珠玉の名篇です。町田嘉章による軽妙芳香なメロディを得て、全国の人たちに愛唱されるようになり、郷土静岡の観光と名物・特産品のアピールに少なからぬ貢献をしてきました。

「ちやっきりぶし」は、いまや私たち郷土の無形の宝であり、これからも永く歌い伝えていきたい尊い一曲です。「ちやっきりぶし」誕生80周年に当たり、ここにその由来とこれまでの過程をご紹介いたします。
引用元:ちゃっきりぶし誕生秘話 | 静鉄グループ https://www.shizutetsu.co.jp/company/column/chakkiribushi/index.html