美少年評論家

1983年に俳優の沖雅也が
自殺した際に、マスコミを
賑わせた彼の養父の名前は?
田景高村明
日山俊忠男
日景忠男(答)
34%

日景 忠男(ひかげ ただお、1937年1月2日 – 2015年2月[1])は、日本の実業家。芸能プロダクションJKプランニング元社長。美少年評論家。俳優の沖雅也の養父。東京都出身。

沖の死の翌年である1984年には著書『真相・沖雅也』を発表。この本では自身の生い立ちやセクシャリティについての悩み、沖との出会いから別れなどを赤裸々に綴っている。この頃から、それまで隠してきたホモキャラを前面に押し出したタレント活動を開始。新宿二丁目で喫茶店シンドバッドの経営のほか、テレビのコメンテーターなどもしていた。

しばらくは実業家として悠々自適の時代が続いたが、不況の波に呑まれる形でシンドバッドは倒産。その後は風俗案内店に勤めるものの、2005年、覚醒剤取締法違反の現行犯で[2]、2008年には暴力団幹部と共謀して前述の風俗案内店の女性社長を恐喝した疑いで逮捕され[3][4]、翌年1月覚せい剤使用・所持罪で、東京地裁から懲役1年2月(求刑懲役2年)の判決を言い渡された[5]。

週刊新潮2016年3月3日号によると、2015年2月に亡くなっていたことが判明した。
引用元:日景忠男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%99%AF%E5%BF%A0%E7%94%B7

沖 雅也(おき まさや、1952年6月12日[2] – 1983年6月28日)は、日本の俳優。本名:日景 城児[2](ひかげ じょうじ)、出生名:楠 城児(くすのき じょうじ)。

大分県[2]別府市[1]、大分市出身[3]。大分市立王子中学校、通信制高校卒業[2]。日活出身[2]。JKプランニングに所属していた[2]。

身長183cm。

太陽にほえろ!(第1期)〜俺たちは天使だ!
第1期のレギュラー出演となる以前、沖は1972年9月放送の『太陽にほえろ!』第10回「ハマッ子刑事の心意気」に、神奈川県警浜崎署・久保刑事の名で石塚刑事の好敵手として初出演を果たした。 その後、必殺仕置屋稼業を見て沖の演技に注目した太陽にほえろ!のプロデューサー岡田晋吉により、1976年9月、『太陽にほえろ!』(日本テレビ)のレギュラーとして城北署から七曲署に転勤した滝隆一(スコッチ刑事)役として出演[6]し、爆発的な人気を得ることとなる。高視聴率番組だった『太陽にほえろ!』は、チームワークが絶好調でメンバー同士の対立が全く考えられない状況であり、ある種のマンネリズムを危惧した岡田が、「七曲署に波風を立てる役」として、新人俳優では無理と考えて、拝み倒して出てもらったという[7][8]。難しい役を演じるために、現場でも遠くで一人でポツンとして役づくりに徹していたという[9]。 勝野洋演じる殉職したテキサス刑事の後任として登場して翌1977年3月まで、沖本人の希望により半年間契約で出演し、山田署へ転勤という形で一旦降板した[10]。

1978年、沖は同じ岡田晋吉企画の刑事アクションドラマ『大追跡』、『姿三四郎』での準主役等を経て、1979年にアクションコメディドラマ『俺たちは天使だ!』(日本テレビ)に主演、沖本来の明るいキャラクターを前面に出した、陽気で伊達男のキャップこと主人公・麻生雅人役を演じ茶の間の人気を博した[11]。この時期には脇役ながら東宝映画への出演も多く、市川崑、岡本喜八ら巨匠監督の起用も受けて映画俳優としての将来性も期待されていた。

沖の突然の死は芸能界や世間に大きな衝撃を与え、自殺直後の1983年6月30日に密葬[20]、1ヵ月後に事務所主催の葬儀・告別式が行われ、つかが葬儀委員長を務めた。密葬と葬儀には勝野洋、ロミ・山田、美輪明宏、二谷英明、柴田恭兵、坂口良子、渡辺美佐子らが弔問に訪れ、柴田、坂口らが弔辞を読んだ[21]。平幹二朗は沖の事を「胡蝶蘭のような人」と語ってその死を惜しんでいる。奇しくも『蒲田行進曲』後編は死の翌日(6月29日)に放送された。
引用元:沖雅也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E9%9B%85%E4%B9%9F