【スズキ・メソッド】鈴木忠志【スズキ・メソード】鈴木鎮一

演劇における俳優訓練法
「スズキ・メソッド」の考案者は
鈴木鎮一である
×(答)
45%

鈴木 忠志(すずき ただし、1939年6月20日 – )は、日本の演出家。唐十郎、寺山修司らとともに、1960年代におこった新しい演劇運動の代表的な担い手の一人である。

主な演出作品に、『劇的なるものをめぐってⅡ』、『トロイアの女』、『ディオニュソス』、『リア王』、『シラノ・ド・ベルジュラック』、『オイディプス王』、『エレクトラ』、音楽劇『カチカチ山』、『ザ・チェーホフ』、『別冊谷崎潤一郎』、『サド侯爵夫人』、『AとBと一人の女』、『世界の果てからこんにちは』などがある。1988年には、アメリカ4劇団合同制作の『リアの物語』を演出。全米各地で147回上演された。なお、2004年には、モスクワ芸術座に招かれ『リア王』を演出、同劇場のレパートリーとして定期的に上演されている。また、2007年にはモスクワ・タガンカ劇場で『エレクトラ』を演出し、こちらも同劇場のレパートリーとなっている。

戯曲のせりふや演劇的シチュエーションを内面心理のみならず身体感覚で裏付けることの重要性を説き、「スズキ・トレーニング・メソッド」と呼ばれる独自の演劇訓練法を編み出したことは、現代演劇における大きな功績であると言えるだろう。
引用元:鈴木忠志 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%BF%A0%E5%BF%97

〈足踏みを繰り返して足腰を徹底的に鍛え、重心や呼吸をコントロールする鈴木メソッド。富山駅から車で1時間以上かかる利賀村に、世界各国から鈴木メソッドを学ぼうと演劇人が来訪する〉

 海外に芝居を1、2回持っていって「受けた」と言っても、真の意味で浸透したとはいえない。ロンドンやニューヨーク、パリにはあらゆる国の芝居が年中来る。そのうちの一つが、着物を着て日本語でやれば、「エキゾチック」と感心するかもしれないが、彼らと同じ土俵に乗って勝たなければ、意味はない。
引用元:【話の肖像画】演出家・鈴木忠志(4)海外で学ばれる「鈴木メソッド」(2/2ページ) – 産経ニュース https://www.sankei.com/life/news/161222/lif1612220029-n2.html

鈴木 鎮一(すずき しんいち、1898年10月17日 – 1998年1月26日)[1]は日本のヴァイオリニスト、音楽教育家[2]。ベルリン高等音楽学校教授カール・クリングラーに師事[2]。

スズキ・メソードの創始者であり、世界的には音楽教育家および教育学の理論家として著名で、その教育理論は、日本よりも欧米で、とりわけアメリカ合衆国で高く評価されている[3]。
引用元:鈴木鎮一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E9%8E%AE%E4%B8%80

スズキ・メソード(英語: Suzuki method)は、公益社団法人才能教育研究会(さいのうきょういくけんきゅうかい、英語: Talent Education Research Institute)が普及推進している活動で、音楽を通じて心豊かな人間を育てることを目的とする教育法の一つ。20世紀の日本のヴァイオリニスト鈴木鎮一によって創始され、日本、アメリカなどで教育活動が展開されている。主な活動は音楽教育であるが、それが本来の目的ではなく、音楽によって子供の心を豊かにし、自信をつけることにあるとしている。
引用元:スズキ・メソード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89