『特捜9』も【浅輪直樹】井ノ原快彦

テレビ朝日の刑事ドラマ
『警視庁捜査第一課9係』の
主題歌は全てV6が歌っている
◯(答)
33%


2000年12月に結成されたV6の別ユニットです
6V
ロクボルト(答)

次のV6のメンバーを
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい
【20th Century】長野博、坂本昌行、井ノ原快彦
【Coming Century】三宅健、岡田准一、森田剛
74%

117TEohLix
次のうち
V6の「カミセン」の
メンバーを全て選びなさい
岡田准一(答)
井ノ原快彦 「トニセン」
国分太一 「TOKIO」
森田剛(答)
三宅健(答)
引用元:【カミセン】森田剛、三宅健、岡田准一 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/20211/


2016年11月にアイドルグループ
V6のメンバーである長野博と
結婚した女優は誰?
フルネームで答えなさい
しらいしみほ(答)
白石美帆
30%
引用元:「白石美帆」夫はV6長野博 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/34302/

『警視庁捜査一課9係』(けいしちょうそうさいっかきゅうがかり)は、2006年4月19日から2017年6月7日までテレビ朝日系「水曜21時」枠(水曜 21:00 – 21:54)で放送された日本の刑事ドラマシリーズ。略称は「9係」。主演はS.12第1話まで渡瀬恒彦、第2話以降は井ノ原快彦。通算シリーズ12本、スペシャル2本、スピンオフドラマ1本が放送された。

主題歌は、S.1から浅輪直樹役の井ノ原が所属するV6が担当するのが恒例となっていた。これは後述の『特捜9』にも引き継がれた。

概要[編集]
大都会・東京で日々多発する凶悪犯罪。警視庁は、その事件解決のため捜査第一課に「第9係」を新設した[注 1]。捜査一課9係の係長・加納倫太郎(演:渡瀬恒彦)を筆頭に、浅輪直樹(演:井ノ原快彦)、小宮山志保(演:羽田美智子)、村瀬健吾(演:津田寛治)、青柳靖(演:吹越満)、矢沢英明(演:田口浩正)の6人の刑事たちが、難事件を解決していく物語。

『はぐれ刑事純情派』『さすらい刑事旅情編』『はみだし刑事情熱系』『相棒』など、数多くの大ヒットシリーズを世に送り出したテレビ朝日の水曜21時刑事ドラマ枠のシリーズ。放送が終了した前述の3番組に代わり、『相棒』とともに、2006年の春からテレビ朝日の水曜21時刑事ドラマ枠のレギュラーシリーズとなった。

警視庁捜査一課9係[編集]
加納倫太郎(かのう りんたろう)
演 – 渡瀬恒彦[注 2]
捜査一課で最も高い検挙率を誇る9係の係長。階級は警部。

浅輪直樹(あさわ なおき)
演 – 井ノ原快彦(V6)[注 3]
新宿中央署刑事課から本庁捜査一課9係に栄転。階級は巡査(S.1 – S.7) → 巡査長(S.8 – S.9) → 巡査部長(S.10 – )[注 4]。

主題歌[編集]
歌:V6(avex trax)

S.1 – 「グッデイ!!」[4]
S.2 – 「ジャスミン」[5]
S.3 – 「蝶」[6]
S.4 – 「GUILTY」[7]
S.5 – 「only dreaming」[8]
S.6 – 「Sexy.Honey.Bunny!」[9]
S.7 – 「kEEP oN.」[10]
S.8 – 「君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか」 [11]
S.9 – 「涙のアトが消える頃」[12]
S.10 – 「Timeless」[13]
S.11 – 「Beautiful World」[14]
S.12 – 「COLORS」[15]
引用元:警視庁捜査一課9係 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E8%A6%96%E5%BA%81%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E4%B8%80%E8%AA%B29%E4%BF%82

『特捜9』(とくそうナイン)は、2018年4月11日からテレビ朝日系「水曜21時」枠(水曜 21:00 – 21:54)で放送されている日本の刑事ドラマシリーズ。2006年から2017年に同枠で放送された『警視庁捜査一課9係』シリーズの続編で、主演は井ノ原快彦[1]。題名は「9係」の世界観を受け継ぐとともに、所属部署が9人チームの「特別捜査班」であることにちなむ。

本項での「S.」はseason、「SP」はスペシャルを表す。

概要[編集]
S.1では、9係メンバー5名が「ある事件」により離散した1年後、新部署「特別捜査班」に再結集し、新メンバーの宗方朔太郎(寺尾聰)と新藤亮(山田裕貴)を加え[2]活躍する姿とともに、「ある事件」の真相を描いた[3]。

視聴者層の変化に対応するため、S.1最終話をもって9係時代から続く演出スタッフ(吉田啓一郎、長谷川康、杉村六郎)らが降板し[4]、S.2よりアクション演出に定評のある鈴木浩介、田村直己らが加入。新たな脚本家も迎え、アクション描写や捜査コンビの混合等で新風を吹き込んだ[5]。また、S.2は「水曜21時」枠として平成最後であり令和最初の作品となった。

主題歌[編集]
歌:V6(avex trax)

S.1 – 「Crazy Rays」
SP・S.2 – 「ある日願いが叶ったんだ」
S.3 – 「It’s my life」
引用元:特捜9 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%8D%9C9