【鬼の雄輝】

タレント・ピーターこと
池畑慎之介の父親である
人間国宝だった日本舞踏家は誰?
慎畑太英三
池村雄吉輝
吉村雄輝(答)
16%

吉村 雄輝(よしむら ゆうき、1923年2月2日 – 1998年1月29日、本名:橋本昇一、はしもと しょういち)は、上方舞吉村流の四世家元で、人間国宝。高知県生まれ。元鹿児島テレビ放送アナウンサー・大阪芸術大学教授、石川豊子と俳優、池畑慎之介 (ピーター) の実父。

鬼の雄輝[編集]
この頃雄輝は、大阪の高級料亭『濱作』の長女・池畑清子と結婚した。『濱作』には、中村鴈治郎や岩井半四郎らが出入りし、上方歌舞伎の粋がただよう中で、清子はお嬢様で育ったという。1952年 (昭和27年) に長男・池畑慎之介が誕生。のちのピーターである。

師匠の雄光が自分にはなにも教えてくれなかったのとは打って変わって、雄輝は慎之介に3歳で初舞台を踏ませ、お家芸の跡継ぎとして我が子を厳しく仕込んだ。そんな芸一筋の雄輝と清子の間にはやがて溝ができ、1957年 (昭和32年) に離婚。好きな方を選べと言われた慎之介は、父は鬼のように怖かったので、母と住むことを選ぶ。清子と慎之介は鹿児島へ移り住んでいった。

独り身になった雄輝は一層芸に励むようになり、名実ともに吉村流を牽引する存在となっていった。1961年 (昭和36年)、雄輝は男性としてはじめての吉村流四世家元を襲名する。

意欲的な創作活動[編集]
雄輝はストーリー性を重視した、わかりやすく新しい振り付けを創作していった。また自らが「ステージダンサー」として舞う新しいスタイルも確立。1958年 (昭和33年) に発表した創作舞踊「こうの鳥」や、家元襲名後に発表した「宗右衛門町」は舞踊界から高い評価を受けた。「宗右衛門町」は、一人の老女が花柳界で過ごした半生を回顧するというストーリー。左腕で翼、右手の扇でプロペラを表して、空襲に来たB29爆撃機を表現するなど、独特な振り付けが織り込まれていた。さらに能、歌舞伎、新派など、他の芸能の手法をも大胆に取りいれていった。

やがて息子・慎之介の家出事件を契機に妻・清子と復縁、妻子を大阪に呼び戻し家族三人で暮らし始める。慎之介はその2年後には東京へ出て、俳優・歌手としてデビューすることになるが、これでかえって舞踊の創作と流派の普及に専心するようになる。

1986年 (昭和61年)、人間国宝に認定。1997年 (平成9年) 11月には文化功労者に選ばれ、次は文化勲章かと期待されたが、直後の1998年1月29日、心筋梗塞で急逝した。74歳没。
引用元:吉村雄輝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E6%9D%91%E9%9B%84%E8%BC%9D

1923-1998 昭和-平成時代の日本舞踊家。
大正12年2月2日生まれ。ピーター(池畑慎之助)の父。昭和3年上方舞吉村流2代家元吉村ゆうに入門。7年3代家元吉村雄光に師事。14年吉村雄輝を名のる。36年吉村流初の男性家元(4代)となった。上方舞を東京に紹介,「こうの鳥」「宗右衛門町」などの新作舞を発表。61年人間国宝。平成9年文化功労者。平成10年1月29日死去。74歳。高知県出身。本名は橋本曻一(しょういち)。
引用元:吉村雄輝(よしむらゆうき)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%90%89%E6%9D%91%E9%9B%84%E8%BC%9D-174342

ピーターこと池畑慎之介(67)が1年3カ月の休養を経て、4月に芸能活動を再開した。69年に映画「薔薇の葬列」で衝撃的なデビューを飾って51年。歌手、役者として枠にはまらない活動を続けて半世紀がたった。ジャンルにとらわれず「ピーター・イズ・ピーター」と言い切る、その思いを聞いてみた。

父親は98年に亡くなった上方舞吉村流の4世家元で人間国宝の吉村雄輝(享年74)。3歳で初舞台を踏み、後継者として期待された。「舞の家元としては天才だった。私に後を継がせたがったけど、反発しました。亡くなる10年くらい前から、認めてくれるようになった。私が役者として新派に出たり、黒沢映画に出て自分の世界を作ったから」と振り返る。

67歳、まだまだやりたいことがある。「高いところが好きで、空を飛びたいと思っている。パラグライダーやスカイダイビングにも挑戦してみたい。そのためにも、肉体を鍛えて、仕事を頑張る。『横のシワをどんどん増やして、縦ジワをなくしましょう』を合言葉にして、楽しくやっていきたいですね」。
引用元:池畑慎之介「ピーターイズピーター」4月に活動再開 – 芸能 : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202006100000818.html

古川 雄輝(ふるかわ ゆうき、1987年12月18日[2] – )は日本の俳優。愛称は、ふるぽん[3]。

東京都出身[2]。ホリプロ所属。

2013年、日英共同作品『家康と按針』で海外デビュー。同年、主演ドラマ『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』が日本と同時に中国で配信され大ヒットを記録。中国・上海にて日本人俳優初となるファンミーティングを開催し、計1200人を動員[7]。空港に1000人を超すファンが出迎え、宿泊先のホテルには約300人が待ち構える騒ぎになった[8]。

2014年、中国版ツイッターWeiboのフォロワー数が100万人を突破[9]。「男神(=「憧れの男性」という意味)」と言われ、中国で絶大な人気を誇る[9]。同年、日中合作ドラマ『不可思議的夏天』にて主演を務める。中国の配信会社「iQIYI」(アイチーイー)が主催するアワード「尖叫2015爱奇艺之夜」にて「アジア俳優賞」を日本人として初めて受賞。

2018年、クァク・ジェヨン監督作品、日韓合作映画『風の色』にて主演を務める。

2019年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019 にて、「ニューウェーブアワード男優部門」を受賞[10]。同年6月23日、前日の22日に一般人女性と結婚したことを発表[11]。 同年10月11日、所属事務所および自身のツイッターを通じて第一子女児誕生を報告した。
引用元:古川雄輝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%B7%9D%E9%9B%84%E8%BC%9D