AKINA

2013年4月にビビる大木と
結婚した、音楽ユニット・
Folder5の元メンバーは
ARISAである
×(答)
64%

Folder5(フォルダーファイブ)は、日本の5人組女性アイドルグループ。ライジングプロダクション所属。レーベルはavex tune。2003年頃に活動を停止した。

メンバー全員が沖縄県ならびに沖縄アクターズスクール出身である。

活動停止後[編集]
ARISA
仲間愛里紗としてインディーズで歌手活動を始め、2006年1月にアルバムを発売した。2006年3月にarieと改名し2006年9月にシングルを発売するも、2009年8月10日に自身のブログで結婚を発表し、9月5日に引退した。引退発表したブログにAKINAやHIKARIがコメントを寄せた。

HIKARI
満島ひかりとして本格的にソロ活動を始める。2004年にぱれっと、2009年にユマニテへ移籍し、グラビアタレントを経て現在は女優として活動している。2010年に映画監督の石井裕也と結婚するが、生活観や結婚観の違いから2016年の年明けに離婚したのちに、音楽活動も始めた。

AKINA
女優・タレントとして活動を始め、2008年にマネージメントをK-pointと提携して舞台女優などで活動するほかに、2012年にバンド「Shiny Lips」のギターボーカルとして音楽活動を始めた。2013年にビビる大木と結婚し、出産を機にインストラクターへ転身している。

NATSU
事務所退社と同時に芸能界を引退し、沖縄で就職した。
活動休止後メンバー同士の共演は一度もなかったが、2011年に沖縄へ帰郷したAKINAが、石原萌と再会した写真をブログに掲載した。

MOE
石原萌として沖縄で活動している。2008年2月に那覇市久茂地で催された第23回沖縄県泡盛の女王選出大会で、女王の1人に選出されて1年間PR活動した。現在も沖縄県内でタレントやリポーターとして活動している。
引用元:Folder5 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Folder5

ビビる 大木(ビビる おおき、1974年(昭和49年)9月29日 – )は、日本のお笑いタレント。本名、大木 淳(おおき じゅん)。妻は歌手・AKINA。

埼玉県春日部市出身。ワタナベエンターテインメント所属。元ビビるのメンバー。血液型はO型。春日部市立谷原中学校、西武台千葉高等学校卒業。かすかべ親善大使[2]。埼玉応援団(愛称:コバトン倶楽部)[3]。ジョン万次郎資料館名誉館長[4]。萩ふるさと大使。高知県観光特使。

プロフィール[編集]
1995年、大内登とともにお笑いコンビ「ビビる」を結成。担当は大木がボケ、大内がツッコミ。デビュー当時はテツandトモよりいち早くジャージを着用して活動。その後、「はじめまして、こんばんみ!!」「わっしょい!」のギャグがブレイクするなどし、バラエティ・コントなどに活動の場を広げていった。

2002年4月『ビビるの@llnightnippon.com』(ニッポン放送)にて大内が芸能界の表舞台からの引退を表明。大木はかつてのコンビ名「ビビる」の名残りを残して現在の芸名に改名し、ピン芸人となる。「ビビる」を芸名に冠したのは、大木によると、「ビビる」というユニットから1人が抜けただけ、とのことである。大内引退後はコンビ時代以上の活躍を見せ、多数のバラエティ番組に出演。バーター芸人と呼ばれることが多く、大木自身も所属事務所の先輩である「中山秀征のバーターです」とネタにすることもあるが、単独で番組出演することも増え、バーターから脱却しつつある。また、NHK総合テレビにレギュラー番組を持っているためか、お笑い芸人の中でもNHKの番組にゲスト出演する機会が極めて多い。

2013年5月14日、かねてから交際していたAKINAと同年4月30日に結婚したことが報じられた[5]。
引用元:ビビる大木 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%93%E3%82%8B%E5%A4%A7%E6%9C%A8